ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ドワンゴ、サンデー連載中の「電波教師」に登場するサンダース軍曹の声優オーディションを音声SNS「ニコルソン」で実施

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ドワンゴが、週間少年サンデーに連載中の『電波教師』に登場するサンダース軍曹の声優を決めるオーディションを、音声SNS「ニコルソン」で開催したと発表しました。お題となっているセリフをAndroid/iPhone向けに提供中の「ニコルソン」アプリから投稿するだけでエントリー完了。エントリー期間は4月16日まで。審査で選ばれた1名は『電波教師』のPVに出演できるそうです。以下プレスリリースです。

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林宏)が運営する、誰でも簡単・気軽に音声コミュニケーションを楽しめる無料アプリ『ニコルソン』では、週刊少年サンデー好評連載中の東毅 作「電波教師」に登場する、「サンダース軍曹」の声優オーディションを開始しました。

課題のセリフを投稿することでエントリーとなり、審査の結果、選ばれた1名が「電波教師」のPVに出演します。 声優オーディションのエントリー期間は3月16日(金)から4月16日(月)迄です。

また、株式会社ニワンゴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:杉本誠司)が運営する静止画コミュニティサイト「ニコニコ静画」内の電子書籍配信サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」では、「電波教師」に今後登場する予定の新キャラ「ハートマン兵長」のイラストを募集しております。最優秀賞に選ばれたイラストは「電波教師」作品内で、東先生がリファインして掲載します。イラストの応募期間は3月6日(火)から4月5日(木)迄です。
———————————————————————-
■「サンダース軍曹」声優オーディションエントリー方法
1.スマートフォン(iOS、Android)で、無料アプリ『ニコルソン』をダウンロード
2.アプリを起動し、「『電波教師』声優オーディション」へアクセス
※ニコルソンの利用にはニコニコ動画アカウントが必要です
3.課題のセリフを録音
4.投稿すればエントリー完了。投稿した音声は公開されます

エントリー期間:2012年3月16日~4月16日特設ページ(PC):http://nicolson.jp/event/denpa120316/

●「電波教師」とは?
週刊少年サンデー好評連載中のマンガ。
まんが・アニメ・ゲーム全般を愛してやまない主人公・鑑純一郎。
そんな無職でニートな兄を心配した妹・純音は兄に教師の職を用意する。
教育界を、日本を激震させる電波系オタクティーチャーストーリー!

●「サンダース軍曹」とは?
『電波教師』の主人公・鑑純一郎がこよなく愛するアニメ「魔砲少女ぶら☆くら」の主人公。特技は二丁拳銃。
キャッチコピーは「あなたの願い叶えます!銃で!!」

●オーディション結果発表
審査終了次第、ニコルソンアプリ内で告知予定。
選ばれた1名が「電波教師」PVに出演します。

●注意事項
・本オーディションへの参加は、スマートフォンアプリ『ニコルソン』からのみといたします。
・応募音声は、応募者自身が発声しているものに限ります。
・応募音声の取り扱いは『ニコルソン』の利用規約に従うものとします。
・本オーディションは、事前に何ら通告なく休止または中止する場合があります。
・その他、本オーディションに関する情報・規約は、電波教師声優オーディションページをご確認下さい。

———————————————————————-
■新キャラクター「ハートマン兵長」デザインイラスト投稿方法

週刊少年サンデーとニコニコ静画が夢のコラボレーション!
『電波教師』作中に今後登場するキャラクター「ハートマン兵長」のデザインを募集します。
採用されれば、作者東毅先生によるリファインを経て実際の連載作品に登場いたします。

募集期間:2012年3月6日(火)~4月5日(木)

詳細は特設ページ(PC)をご覧下さい

http://info.nicovideo.jp/seiga/denpakyoushi/

Source : ドワンゴ(PDF)


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、全国のリンガーハットと浜勝で3月17日より公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」を提供開始
Sprint版Galaxy NexusがFCCを通過
PayPal、スマートフォンがカード決済端末になるモバイル決済サービス「PayPal Here」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。