ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【ジビエまとめ】いま、野生を食らうジビエ料理がブームなんですって

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_IB:20170119191726j:plain

最近、「ジビエ」って言葉をホントによく耳にするようになってきましたね。

「ジビエ」とはいわゆる野生の鳥獣のこと。

野生の鹿や熊、ウサギ、キジ、鴨、イノシシなどの食材を使った使ったジビエ料理は、古くからは高級食材として珍重されてきました。

実際に自然の野山で狩猟された肉だから、滋養強壮や血流促進にも効くものも多いのだとか。明日への活力、スタミナ増強に、ジビエ料理を体験してみては?

“ジビエ”ってナニ? 現役猟師が切り盛りする「ジビエ料理 アンザイ」で聞いてみた【東京・目白】

野生の肉といえばやはり代表格はイノシシでしょう!

店長の安西さんは料理人であり、現役の「猟師」であること。本人が狩猟してきたイノシシやシカなどを、血抜きなどの処理をして新鮮な状態で都内のお店まで運ぶ。そして簡素な料理法で肉本来のうま味を引き立てたコース料理を提供する。

こういったお店は他にもあるのだろうか……?

f:id:Meshi2_Writer:20160715215237j:plain

これでもかとイノシシが大量に入ったボタン鍋。種類豊富なキノコとすき焼き風の具材が味を引き立てる。

f:id:Meshi2_Writer:20160715215723j:plain

ちなみにこちらが散弾銃を構えた安西さんの狩猟中の姿。店内で見る安西さんとはまるで別人のよう。

f:id:Meshi2_Writer:20160715215915j:plain

そしてこちらが焼き肉やボタン鍋の具材となる生のイノシシ肉。

店主の安西さんは、こう語ります。

昔は解体処理をきちんとしている猟師が少なかったため、どうしてもイノシシの肉は「硬い」「臭い」などの先入観が付いてしまったのもあります。そこで、自分は血抜きなどの処理をきちんとして「実はイノシシってこんなに美味しいんだ」と思えるような肉を提供したい。

こちらは、わさび醤油で焼肉にして食す鹿肉。かみ応え満点らしい。

f:id:Meshi2_Writer:20160715221356j:plain

こだわりのジビエ料理のコースに舌鼓を打ちながら、安西さんの話に耳を傾ければ、食肉文化の奥深さに触れることができるはずだ。

www.hotpepper.jp

大阪随一のディープスポット味園ビルの「赤狼」で、究極ジビエ&昆虫食!

そのお店の名前は「赤狼(せきろう)」。ディープな味園ビルに入居するお店のなかでも、ひときわ異彩を放つ赤い扉が印象的です。

f:id:Meshi2_Writer:20150728101454j:plain

このお店のコンセプトは、ジビエ料理を提供してくれること。

はてさて、いったいどんなメニューが登場してくるのでしょうか。

f:id:Meshi2_Writer:20150728101228j:plain

▲クロコダイル前足の素揚げ 小(1,000円)

すると……いきなりこれです!

ワニの前足ですよ。

まさにインパクトは十分。ちなみに、気になるお味は……

う、う、うんめぇー!!

クロコダイルの前足は、食感、味ともに、鶏肉にとっても近いんです。獣肉の独特な臭みは全くナシ。見た目さえ気にならなければ、どなたでも抵抗なく食べられるでしょう。シンプルに塩コショウがきいていて、アテにピッタリといった感じです!

f:id:Meshi2_Writer:20150728101147j:plain

▲コオロギの素揚げ(5匹で500円)

「ジビエ」だけじゃなく、昆虫食まで楽しめるお店なんですね……。

f:id:Meshi2_Writer:20150728101206j:plain

▲サソリの素揚げ(1匹 1,500円)

うはっ。さすがにひと口で食すのは抵抗があるこのフォルム。

いったいどんなお味なのでしょうか?

f:id:Meshi2_Writer:20150728101155j:plain

うーん…。これは何の味だろ? なぁーんか味わったことあるような、ないような。

ちょっと薬のような苦味がありますね、と言うと「実は漢方薬として利用されてます。サソリにはミソ(内臓)があるので、それが薬のような味に感じるかも」と店長。ま、毒じゃなくてカラダにいいんなら御の字ですね。

というわけで、ワニ、コオロギ、サソリなどとっても珍しい食材に出会えるこのお店。

ほかにも鹿肉や猪肉といった食材もあり、さまざまな料理で提供してくれるそうです。食材によって、仕入れの状況が変わるようなので、事前にお電話でお問い合わせするといいらしいですよ。

www.hotpepper.jp

京都・左京区でいただく信州、山の恵み! ジビエ料理店「お狩り場」で気分はマタギ!?

京都市左京区は東天王町という、平安神宮や動物園などもある岡崎エリアからほど近い場所にジビエ料理店「お狩り場」があります。

f:id:mesitsu_la:20160428171844j:plain

なんとも懐かしさも漂う写真メニュー。これはいい感じ! さっそく入店してみます。

f:id:mesitsu_la:20160428171845j:plain

さっそく看板メニューである「信州の猪ぶた」をお願いすることに。

そして……どどんと無造作にやってきたのがこのお肉!

f:id:mesitsu_la:20160428171846j:plain

聞くと猪ぶたは、メスのぶたと猪を交配させた動物で、基本的にはあまり流通するものではなく、養豚業の方々が自分たちで食べたりして楽しむものなのだとか。 それが、ここでは青木さんの長野県下高井郡のご実家で育てている猪ぶたを直接仕入れているので、貴重なお肉を京都の街なかでいただけるというわけです。

f:id:mesitsu_la:20160428171849j:plain

▲猪ぶたブツギリバーベキュー(1,450円)

さっそくいただくと、ジューシーなお肉で、猪のうま味というのか、ジビエらしいコクがありますが、脂は全くしつこくなく、ぶた肉のような甘さもあります。ちょっと懸念していたようなクセも全然ないし、とても美味しいお肉!

f:id:mesitsu_la:20160428171852j:plain

▲馬刺し(1,135円)

店主の青木さんは18歳のときに狩猟免許を取得し、猟師としても50年のキャリアを持つお方。もちろん料理の腕も抜群で、山中で猟師さんたちが自分たちの食事のためにつくったメニューをそのまま再現して提供してくれるという。

まさにホンモノの「猟師メシ」が食べられる、すごいお店なのです!

www.hotpepper.jp

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものです。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:メシ通編集部

メシ通編集部

メシ通編集部です。 Twitter:@mesitsu

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

早朝6時30分からガツ盛りいきます! 大盛=2人前のカレースパゲティーがすごい「喫茶チロル」【京都】
コーヒー初心者こそ行くべき! 自分でひいて自分で入れられる「Drip & Drop Coffee Supply」【京都】
【非日常】ちょっと普通じゃないカフェ、集めました【カフェ記事まとめ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。