体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ジビエまとめ】いま、野生を食らうジビエ料理がブームなんですって

f:id:Meshi2_IB:20170119191726j:plain

最近、「ジビエ」って言葉をホントによく耳にするようになってきましたね。

「ジビエ」とはいわゆる野生の鳥獣のこと。

野生の鹿や熊、ウサギ、キジ、鴨、イノシシなどの食材を使った使ったジビエ料理は、古くからは高級食材として珍重されてきました。

実際に自然の野山で狩猟された肉だから、滋養強壮や血流促進にも効くものも多いのだとか。明日への活力、スタミナ増強に、ジビエ料理を体験してみては?

“ジビエ”ってナニ? 現役猟師が切り盛りする「ジビエ料理 アンザイ」で聞いてみた【東京・目白】

野生の肉といえばやはり代表格はイノシシでしょう!

店長の安西さんは料理人であり、現役の「猟師」であること。本人が狩猟してきたイノシシやシカなどを、血抜きなどの処理をして新鮮な状態で都内のお店まで運ぶ。そして簡素な料理法で肉本来のうま味を引き立てたコース料理を提供する。

こういったお店は他にもあるのだろうか……?

f:id:Meshi2_Writer:20160715215237j:plain

これでもかとイノシシが大量に入ったボタン鍋。種類豊富なキノコとすき焼き風の具材が味を引き立てる。

f:id:Meshi2_Writer:20160715215723j:plain

ちなみにこちらが散弾銃を構えた安西さんの狩猟中の姿。店内で見る安西さんとはまるで別人のよう。

f:id:Meshi2_Writer:20160715215915j:plain

そしてこちらが焼き肉やボタン鍋の具材となる生のイノシシ肉。

店主の安西さんは、こう語ります。

昔は解体処理をきちんとしている猟師が少なかったため、どうしてもイノシシの肉は「硬い」「臭い」などの先入観が付いてしまったのもあります。そこで、自分は血抜きなどの処理をきちんとして「実はイノシシってこんなに美味しいんだ」と思えるような肉を提供したい。

こちらは、わさび醤油で焼肉にして食す鹿肉。かみ応え満点らしい。

f:id:Meshi2_Writer:20160715221356j:plain

こだわりのジビエ料理のコースに舌鼓を打ちながら、安西さんの話に耳を傾ければ、食肉文化の奥深さに触れることができるはずだ。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会