体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ローラ(X-23)の物語も開発中だ」 『ローガン』ジェームズ・マンゴールド監督インタビュー

dsc_0170

ミュータントの大半が死滅した2029年。“ウルヴァリン”として長年の激闘を繰り広げてきたローガン(ヒュー・ジャックマン)は、もはや不死身の存在ではなくなってしまった。超人的な治癒能力が衰えた彼は、町のチンピラ相手にも傷を負う始末。17年間にわたってこのキャラクターに扮してきたジャックマンが最後に演じるのは、無敵のスーパーヒーローではなく、生身の人間なのだ。

ガジェット通信は、映画『LOGAN/ローガン』(6月1日公開)でメガホンを務め、プロモーションのためにジャックマンと共に来日していたジェームズ・マンゴールド監督にインタビューを実施。早くも「今年のベスト・ガール」との呼び声も高いローラ役のダフネ・キーンについて、今作をR指定で描いた意図、コミック原作映画と賞レースについてなど、様々な話を語ってくれた。

logan_main

――うんざりするほど聞かされたと思いますが、本当に素晴らしい作品でした。

マンゴールド監督:ありがとう! その言葉は何度聞いても飽きることはないよ。

――『ウルヴァリン:SAMURAI』はもちろん、『3時10分、決断のとき』を手掛けられている監督が『ローガン』を製作したということに納得でした。劇中ではウェスタン映画の『シェーン』が出てきたり、西部劇の雰囲気は監督が意図したものですか?

マンゴールド監督:その通り。サムライが出てくる映画もそうだけど、西部劇の素晴らしいところは、キャラクターにフォーカスしやすい点だ。彼らが何から逃れようとしているのか、何を恐れているのか、キャラクターを描写する時にシンプルに描くことができる。現代の悲惨なところは、スマホや自動車があることで何でも解決してしまうことだ。サムライやカウボーイは、自分の身ひとつで、純粋にそこにあるだけのもので物事を解決しなくてはならない。だから他の映画との違いを生み出すことができるんだ。

――今作はR指定で公開されていますが、スタジオを説得するのに『デッドプール』の大ヒットも後押ししましたか?

マンゴールド監督:確かに同意してもらうのに役立ったよ。R指定であっても収益が出るとスタジオが理解していたのは助かった。ファンにとっても、原作のように制限の設けられていないローガンの姿を見たかったと思う。私自身、大人向けのドラマを撮りたいと考えていた。少し複雑なところもあるから、万人に受ける、子どもでも楽しめる映画にはしたくなかった。その結果、言葉使いや暴力描写だけでなく、私のアイデアの面でも自由を得ることができた。もしR指定じゃなかったら、ヒューとパトリック・スチュワートが会話する7分間のシーンは、1分半くらいになっていただろうね。中年男性が身体の衰えについて話しているシーンなんて、子どもは我慢していられないから。

――クランクアップの時には、ヒュー・ジャックマンが目に涙を浮かべたそうですね。

マンゴールド監督:ヒューはロマンチックなところがあるから感慨深げだったけど、あの時は午前3時半くらいだったんだ。前日の午前7時くらいから撮影を始めていたから、私はとにかく早く帰って寝たかったよ(笑)。自分にはまだ膨大な作業が残っていたし、申し訳ないけど、何かスピーチするような気分じゃなかったな。

LOGAN

――X-23ことローラ役を演じたダフネ・キーンの演技が素晴らしかったです。米国のDVD特典にもなっているオーディション映像にも驚かされました。彼女はどのように発掘したのでしょうか?

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。