体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気モデルemmaの服選びのポイント

人気モデルemmaの服選びのポイント
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「Lenet FUN! MY STYLE」。ファッションにこだわる方に、お気に入りの洋服や、仕事服、勝負服をお聞きします。5月20日(土)のオンエアでは、モデルのemmaさんにお話を伺いました。

現在23歳のemmaさんは、2013年にモデルデビュー。「装苑」「NYLON JAPAN」などのファッション誌で活躍し、「ViVi」の専属モデルに電撃加入して話題を呼びました。2016年、2017年と2年連続で「好きなモデル」1位の座にも輝いています! 5月21日(日)には初のビジュアルスタイルブック『emma』(SDP)を発売。企画、スタッフのキャスティング、撮影のディレクション、写真のセレクト、ページのレイアウトまで、すべてemmaさんご自身が発案し、監修しているそうです。また、J-WAVEで放送中の「SONAR MUSIC」(月曜〜木曜 23時30分)では毎週月曜日に出演しています。

そんなemmaさん、普段の洋服選びのポイントは「服を着ていてテンションが上がるかどうかを大事にしている」とのことでした。

「お店で選ぶときは、ビビビッときたものしか買わないようにしていて、一度悩んだものは買いません。あとは、試着しなくても『欲しい』と思う服ですね。私は試着が本当に嫌いで、いつも試着せずに買うんです(笑)。色はモノクロの服が多くて…そこに赤を足したり、ピンクを足してみたりしますが、基本的にはモノクロが多いです。素材はデニムが好きですね。最近は肩を落として着るのが流行してるけど、トレンドばかりを追ってしまうとスタイルが出ないので、古着の着崩し方に最近のトレンドを入れてみたりして、自分流に落とし込んでいます」とemmaさん。

さらに、仕事における洋服との向き合い方についてもお聞きしてみると…

「服をどれだけ綺麗に見せられるかが一番です。撮影のときは、自分を見せるというよりは、服が大事なので、ロゴを隠さないようにしたり、編集の方やブランドの関係者が見せたいところを察して見せるように心掛けています」(emmaさん)

また、「ポージングの研究はやったことがなくて、服を着ると『この服は、こんな感じかな』というイメージが浮かびます。海外の雑誌を見て『こういうポージングをすると、こういう風に見えるのか』と思うことはあるけど、まねをすることはあまりなくて、いつもその場で考えてます」とのことでした。

emmaさんの話を聞いた渡辺は「さすが、天性のポージング! 自分がどう見られているのかを感じてるんでしょうね」と感心していました。次回27日(土)は、俳優の永瀬正敏さんが登場します。どうぞ、お楽しみに。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会