体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気がつけば100万円台前半のボルボ V60。でもそれって本当に買っちゃってOKなの?

▲ちょっと前までは「安いモノでも100万円台後半」というイメージがあったボルボ V60ですが、気がつけばさらにお安く。でもそういう格安中古車って、実際のところどうなんでしょうか?

▲ちょっと前までは「安いモノでも100万円台後半」というイメージがあったボルボ V60ですが、気がつけばさらにお安く。でもそういう格安中古車って、実際のところどうなんでしょうか?

お手頃価格は歓迎だが、ボロすぎるなら意味がない

確かな走りと上質なスカンジナビアン・デザイン、そして数々の先進安全装備により人気を集めているボルボ V60。カーセンサーnetでは昨年6月に「ボルボ V60、ついに100万円台後半へ!」という趣旨の記事を掲載しましたが、V60の中古車相場はその後の約1年でさらなるお手頃化が進行。現在はなんと車両価格80万~140万円付近、つまり「フタケタ万円から100万円台前半」でも十分狙える状況になっています。

「そいつは素晴らしい! じゃ、さっそく買おう!」と思うかもしれませんが、その前にもう一度モロモロを確認しておく必要はあるでしょう。「安くなったのはいいけど、ところでそういったお手頃プライスのV60ってどんなコンディションなの?」ということを把握したいわけです。いくら安くても、もしも乗るに耐えないほどボロかったら意味ないですからね。

ということで、ここでは今現在市場で流通している「車両価格140万円以下のボルボ V60」のグレードや走行距離、ボディカラー、安全装備などを具体的に調査し、果たして買う価値があるのかどうかを仔細に検討していきたいと思います。……しかしその前にほんのちょっとだけ、「ボルボ V60とはそもそもどんな車か?」ということを簡単におさらいさせてください。

ボルボ V60は11年6月に登場し、今なお新車販売が続いている中型のステーションワゴン。クーペを思わせる流麗なフォルムが特徴で、初期モデルのエンジンは1.6L直4直噴ターボと3L直6ターボ。13年8月にはマイナーチェンジを受け、フロントマスクを中心にデザインを少々変更。そして15年途中からは2Lのディーゼルターボが追加され、16年2月からは2L直4直噴ターボ+スーパーチャージャーと1.5L直4直噴ターボの両エンジンも追加されています。で、車両80万~140万円あたりで狙えるのは前期型の1.6L直4直噴ターボ搭載グレードです。

▲ステーションワゴンでありながら、どこかクーペのようなフォルムを備えるボルボ V60。写真は13年7月までの前期型

▲ステーションワゴンでありながら、どこかクーペのようなフォルムを備えるボルボ V60。写真は13年7月までの前期型

約7割の格安物件が「ヒューマンセーフティ」付き

さて、今現在流通している「車両140万円以下のボルボ V60」とは果たしてどんな諸条件を備えている中古車なのでしょうか? まず年式ですが、5月上旬現在、この価格帯で狙えるV60は最初期にあたる11年式、そして12年式です。13年式以降は(今のところ)この価格帯では狙えません。つまり探せるのは5~6年落ちの中古車ということですね。本稿執筆日現在、全国で24台ある同価格帯のV60のうち11台が11年式で、13台が12年式となっています。

グレードは24台中23台、つまりほとんどが「DRIVe」で、これは最初期のベースグレードです。しかしベースグレードとはいえ先進的な直噴ターボエンジンと6速DCT(ツインクラッチ式変速器)を採用している車ですので、能力的な不足を感じる人は少ないでしょう。

で、ボルボといえば「安全装備」が売りの一つですが、初期のV60には「ヒューマンセーフティ」という運転支援システムが採用されていました。これはレーダーとカメラを使った歩行者検知機能やアクティブ クルーズ コントロール、車線逸脱警告機能、斜め後方の車両接近を警告する「BLIS(ブリス=ブラインド スポット インフォメーション システム)」などがセットになったものです。が、ヒューマンセーフティが標準装備だったのは「T6 AWD Rデザイン」という当時の最上級グレードだけで、他のグレードでは「セーフティパッケージ」という25万円のパッケージオプションに含まれていたのです。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。