体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ドイツ中世の奇跡】知られざる世界遺産の街、レーゲンスブルクの魅力

ミュンヘンから日帰り旅行が可能な南ドイツの古都、レーゲンスブルク。世界遺産に登録された中世そのままの美しい街並みは、「ドイツ中世の奇跡」と呼ばれるほど。

日本ではあまり知られていない、南ドイツのとっておきの街、レーゲンスブルクの魅力をご紹介します。

ドイツ中世の奇跡、世界遺産の街・レーゲンスブルク

ドイツ中世の奇跡、ミュンヘン近郊の知られざる世界遺産の街・レーゲンスブルクの魅力
南ドイツの古都・レーゲンスブルクは、ローマ時代からドナウ河畔の交通の要衝として栄えた古い歴史をもつ街です。ミュンヘンから電車またはバスでおよそ1時間半のところに位置し、中心部だけならミュンヘンからの日帰り旅行も十分可能。

レーゲンスブルクの魅力は、なんといっても本物の中世の街並みが残っていること。ドイツには中世の面影を残す街が数多くありますが、その多くは戦争で破壊された後に復元されたものです。ところが、レーゲンスブルクは幸いにも戦災を免れたため、中世の街並みが当時のまま保たれているのです。

ドイツ中世の奇跡、ミュンヘン近郊の知られざる世界遺産の街・レーゲンスブルクの魅力
古代ローマ様式からロマネスク様式、ゴシック様式にいたるまで、2000年にわたる建築様式の変遷が見られる貴重な街並みは「ドイツ中世の奇跡」とも称され、2006年には世界遺産に登録されました。

ドナウ川に面したパステルカラーの街並み

ドイツ中世の奇跡、ミュンヘン近郊の知られざる世界遺産の街・レーゲンスブルクの魅力
レーゲンスブルクを象徴する風景が、ドナウ川の対岸から眺める街の景色。2000年間変わらぬドナウの流れと、12世紀の石橋、中世そのままの旧市街の街並みが一体となった景観は絵画のように美しく、ずっと眺めていたくなるほど。

ドイツ中世の奇跡、ミュンヘン近郊の知られざる世界遺産の街・レーゲンスブルクの魅力
(C) Haruna Akamatsu

入り組んだ石畳の路地が広がる旧市街には、960もの重要文化財があります。街全体が「中世の博物館」といった趣で、何をするでもなく、ただ街並みを眺めながら歩くだけで心が躍ります。

ドイツ中世の奇跡、ミュンヘン近郊の知られざる世界遺産の街・レーゲンスブルクの魅力
(C) Haruna Akamatsu

観光地でありながら、素朴な日常の雰囲気が漂う居心地の良さもまた、レーゲンスブルクの魅力。「この先に何があるんだろう」とワクワクしながら、狭い路地も探検してみましょう。

レーゲンスブルクには、ドイツ最古のカフェとして知られる「カフェ・プリンツェス」があります。評判の手作りケーキやチョコレートはおやつにぴったり。散策の合間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

旧市街のシンボル・大聖堂

ドイツ中世の奇跡、ミュンヘン近郊の知られざる世界遺産の街・レーゲンスブルクの魅力
レーゲンスブルクの旧市街のシンボルが、2本の尖塔が印象的な大聖堂。バイエルン州を代表するゴシック建築で、1275年に着工、1869年に完成しました。石灰岩と緑色岩の2種類の石材が使われた独特の色合いの外観は、世界遺産の街のシンボルにふさわしい重厚感を漂わせています。

ドイツ中世の奇跡、ミュンヘン近郊の知られざる世界遺産の街・レーゲンスブルクの魅力
(C) Haruna Akamatsu

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会