ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】イーロン・マスクの地下トンネル輸送計画で早くも走行試験 SFのワープシーンみたい!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


トンネルの中を急加速し、高速で突っ走る謎の車。周囲を流れていく照明がまるでSF映画のワープシーンのようで、すごく未来を感じる。これは新しいジェットコースターか何かなの?

【動画】イーロン・マスクの地下トンネル交通試験(Instagram)(※画面の点滅に注意)


[Warning, this may cause motion sickness or seizures] This is a test run of our electric sled that would transport cars at 125 mph (200 km/h) through the tunnels, automatically switching from one tunnel to the next. Would mean Westwood to LAX in 5 mins. Elon Muskさん(@elonmusk)がシェアした投稿 – 2017 5月 12 5:48午前 PDT

イーロン・マスクが『Instagram』で公開したこの動画は、彼が構想する次世代地下トンネル輸送計画の走行試験の模様。今年の2月にシールドマシンで掘り始めた試験用のトンネルが既にここまで掘り進められていたのには驚きだ。


電気自動車のテスラモーターズや再利用可能な宇宙ロケットを実現したスペースXなど、数々の新事業を成功させてきたイーロン・マスク。彼が新たに創業したThe Boring Companyのトンネル輸送計画は、ロサンゼルスのように交通量の多い都市の地下に専用のトンネルを掘り、その中で車を台車に乗せて時速200kmで走行させて目的地まで自動的に運ぶというもの。歩行者やバイクを運ぶための台車も用意される予定。計画が了承されれば、まずはロサンゼルス国際空港から主要市街地を経由してウェストウッド(ビバリーヒルズの隣にある学生街、高級住宅街)までを結ぶトンネルを掘りたいとしている。ロサンゼルス国際空港からウェストウッドまで地上の道を走ると45分かかるところ、このトンネルなら5分で移動することが可能になるという。どこまでも郊外がだらだらと続くアメリカの都市には、地下鉄ではなく車移動を前提としたこのようなトンネルが向いているのだろう。

【動画】The Boring Company | Tunnels(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=u5V_VzRrSBI[リンク]

画像とソース:『Instagram』および『YouTube』より引用

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。