体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カウンセラーが経験した“うつ” 「できることが当たり前」を捨てることが大事

エンタメ
カウンセラーが経験した“うつ” 「できることが当たり前」を捨てることが大事

自分の心は自分にしか分からないものだが、その一方で、自分にも分からないこともある。

身体は「もう無理をしないで!」とサインを発しているのに、その一方で無理をしてしまう自分もいる。それがひどくなると、うつという症状が出てくる。

『心は1分で軽くなる!』(自由国民社刊)の著者であり、臨床心理カウンセラーの石野みどりさんもうつに悩んだ経験を持ち、その経験を活かしてスクールカウンセラーとして学生たちの心の闇に向き合っている。

今回、新刊JPは石野さんに五月病のメカニズムや、ご自身の経験に基づくうつからの脱し方、そして気を病まない物事の考え方についてお話をうかがった。

後編のテーマは「うつからの脱し方」「燃え尽きないための方法」だ。

(新刊JP編集部/金井元貴)

■「できることが当たり前」ではない。

――本書の「はじめに」で石野さんが軽いうつに悩まれていたということが書かれていました。具体的にそのときのお話をお伺いしたいのですが。

石野:あの頃、離婚をしたんです。それで一人で食べていかないといけないということで、カウンセリング関連の会社を立ち上げたんですね。それで一人で頑張って経営をしていたんだけど、離婚っていうトラブルですごくストレスがかかっていたところに、一人で会社を立ち上げちゃったから、もう大変なんですよ。

カウンセリング関連の会社を経営しているのに、自分は人のことを考えている余裕もないわけで、抱えている荷物が重すぎてついに倒れちゃったんです。

それで本当に何もできなくなってしまって、当時はマンガも読めないしテレビも見られない。まったく頭に入らないんですよ。それでパニックにもなる。マンガは読んでいてもストーリーがつながらない。朝起きても、ずっと寝ているような感じで外にも出られないという状況でした。

――そんな状況だったのですか…。そこからどのように改善していったのですか?

石野:事業に失敗して借金を抱えているので、まずは家賃の安いところに引っ越さないといけない。それが環境を変えるきっかけになりました。生活習慣も全部変えて、太陽にあたるようにしたんですよ。歩かなくてもいいから、公園で日に当たる。あとは大好きなことしかない。

そういう風に少しずつできることを増やしていったという感じですね。うつは一気に治るものではありません。もし一気に治ったように見えるなら、それは躁鬱という別の病気です。うつはちょっとずつしか治らないので。

精神安定剤も山ほど飲んでいたのを少しずつ減らしていきました。

――うつになる前となった後ってその見方は大きく変わったのではないですか?

石野:うつになった後は、マンガも読めないでしょう? それが悔しくて泣いたんです。読めなくても困ることはないけれど、マンガも読めない、テレビも見られない自分がいるということが情けなかったんです。できないことが積み重なって落ち込みました。

でも、そこからひとつずつできることを増やしていく。「公園に行けた、良かったね」と。次は「お茶が飲めた、良かったね」。それを繰り返していって、少しずつ自分に自信が出てくる感じでした。

――つい、何でも「できることが当たり前」と思ってしまいますけど、そうではないんですよね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会