ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

マクロレンズを使ってGalaxy S8のサブ画素配列をチェック

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Galaxy S8 の新しい “インフィニティディスプレイ” をマクロレンズを使ってミクロンレベルで確認してみました。Galaxy S8 のディスプレイは自己発光タイプの有機 EL で、5.8 インチ 2,960 x 1,440 ピクセルと非常に高精細です。Galaxy S8 が発表される前の噂では、ディスプレイの画素を構成しているサブ画素の配列は RGB ストライプに変わると言われていましたが、実際にマクロレンズを利用して白の部分を拡大してみると、次の写真のようにひし形 PenTile のダイヤモンド方式だったようです。一方、iPhone に代表される液晶端末では、光の三原色である RGB のサブ画素で一つのの画素を構成しており、単位面積あたりの RGB で構成される画素が PenTile よりも多いため、色の再現性や文字の縁の鮮明さにおいて PenTile よりも優れていると言えます。2 枚目の写真は Galaxy S8 のサブ画素配列で、3 枚目の写真は iPhone 7 Plus のサブ画素配列です。

■関連記事
Meizu Pro 7の噂が浮上、Helio X30やデュアルカメラなどを搭載か?
Moto X(2017)は「Moto X4」として展開か? Moto XやMoto Cの位置づけを説明する内部資料も流出
Xperia Touchの実機レポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。