体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新プラットフォーム採用で同クラスNo.1を狙える車に!? SUBARU XV(試乗レポート)

▲街中でも映えるスタイリッシュなデザインに。最低地上高を200㎜確保しつつ、高さを1550㎜に抑えたことで立体駐車場にも収まるサイズとなった(色はメインカラーのクールグレーカーキ―)

▲街中でも映えるスタイリッシュなデザインに。最低地上高を200㎜確保しつつ、高さを1550㎜に抑えたことで立体駐車場にも収まるサイズとなった(色はメインカラーのクールグレーカーキ―)

新プラットフォームを採用した第2弾のモデルが登場

昨年登場した、“SUBARU GLOBAL PLATFORM”(SGP)を初めて採用した“インプレッサ”はスバル車のヒエラルキーを超越した素晴らしい出来映えであった。その証拠に2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

今回、SGPを採用した初めてのSUVとして“SUBARU XV”がフルモデルチェンジ。開発当初から車高を高くしたときのプラットフォームとサブフレームの設計を行ったことで、スバル車に今までなかったしなやかで心地よい乗り心地を実現させた。軽井沢にあるクローズドコースで、実際にその変化を体験してきたのでお伝えしたい。

着座位置と進化したサスペンションで安定感抜群の走りを実現

まず2Lモデルの18インチホイール装着車について。運転席に乗り込んですぐに感じたのが、着座位置の安定感。目線位置の高さに対して、ダッシュパネルやステアリング、シート位置のバランスが良いからであろう。旧型に比べると前後ともにカップルディスタンスとレッグスペースも広くなっている。

さらに、走り出して体感できたのは静粛性の高さ、耳障りなノイズは皆無だ。スバルのお家芸であるCVTの性能も良く、トルクフルで力強さを感じる。その中でも何より感動したのが、しなやかに動くサスペンションだ。路面のうねりや段差で、ステアリングの修正をほとんど必要としないほどの安定感で、車の挙動をコントロールしてくれる。

▲写真は18インチのホイールを履いた2Lモデル(色はサンシャインオレンジ)。インプレッサに続き、「衝突安全性能評価大賞」を受賞。さらに全グレードにアイサイトVer.3を搭載するなど、安全性への配慮も忘れない

▲写真は18インチのホイールを履いた2Lモデル(色はサンシャインオレンジ)。インプレッサに続き、「衝突安全性能評価大賞」を受賞。さらに全グレードにアイサイトVer.3を搭載するなど、安全性への配慮も忘れない

▲後席は、大人が乗っても足元に十分なスペースが確保されており、4人乗りのロングドライブも楽々こなせてしまう

▲後席は、大人が乗っても足元に十分なスペースが確保されており、4人乗りのロングドライブも楽々こなせてしまう

街乗り中心なら新たに導入された1.6Lモデルが◎

一方、1.6Lは2Lモデルのような力強さよりも、アクセルを踏み込んだときの上質で心地よい加速が印象的。17インチホイールとのマッチングも良く、勾配の少ない街乗りメインなら2Lモデルよりむしろ快適であった。

▲写真は17インチホイールの1.6Lモデル(色はダークブルー)。思いっきりアクセルを踏み込まない限りは心地よい加速性能であった

▲写真は17インチホイールの1.6Lモデル(色はダークブルー)。思いっきりアクセルを踏み込まない限りは心地よい加速性能であった

万に一つの状況下に対しての配慮がスバルらしい

最後に、滑りやすい路面での走行をアシストする「X-MODE」を体感した。ぬかるんだ悪路でタイヤが空転するようなシーンでは、ボタンひとつで機能が作動する。エンジン、トランスミッションを含む統合制御が行われ、四輪の駆動力やブレーキを適切にコントロールしてくれるので、軽々とぬかるみから脱出してくれた。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会