体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【けもフレ】連日大盛況の「ジャパリカフェ」でフェネック&PPPの声優さんにお話しを聞いてきたよ!

%e6%98%8e%e3%82%8b%e3%81%84%e3%81%91%e3%82%82%e3%83%95%e3%83%ac_img_4622_003

大人気アニメ『けものフレンズ』の世界観が楽しめる「ジャパリカフェ」が東京・原宿にて期間限定でオープン中。連日多くのファンが訪れています。

某日、この噂を聞きつけた4人のフレンズがカフェを訪問! キュートでおいしいメニューを楽しむ、本宮佳奈さん(フェネック)、築田行子さん(フンボルトペンギン)、根本流風さん(コウテイペンギン)、田村響華さん(ジェンツーペンギン)に色々とお話を伺いました。
※小野早稀さん(アライグマ)は、インタビュー後に急遽駆けつけました!

img_4572

「ジャパリカフェ」でワイワイするフレンズたち。

フェネックちゃん&PPPのみんなにインタビュー!

―アニメ『けものフレンズ』が社会現象的ブームになったことは、皆さん実感されていますか?

一同:はい!

本宮:でもスタッフさんたちを含め、自分たちが一番ブームになっていることに気付くのが遅かった様な気がします。

築田:うんうん、水族館に行ったことがネットのニュースになっていてビックリしました(笑)。

本宮:それまでもステージやイベントが決まるたびに反響は感じていたのですが、やっぱり『Mステ』に出させていただくことが決まった時の反響は凄まじかったです。

根本:これまでは人気アニメの一つ、という感じだったのが、『Mステ』に出ることの出来るアニメってそうそうないので。すごいことになっていたんだなって思いました。

―『Mステ』出演後はお友達から連絡がガンガンきたんじゃないですか?

一同:たくさん来ました(笑)。

田村:本番終わって携帯を見たら、200件くらいLINEが来ていてビックリしました。

本宮:何年も連絡が来ていない知り合いからも「見たよ!」って(笑)。

根本:「覚えてる〜?」っていう連絡も結構きました(笑)。

築田:友達がもともとテレビを持っていなかったそうなんですが、『Mステ』を観るためにテレビを買ってくれたそうで、嬉しかったです!

―皆さんが演じたキャラクターですが、最初の印象と、演じるうちに変化したことってありますか?

本宮:最初オーディションで、フェネックはツッコミキャラというかしっかりしているキャラクターだと思ったので、自分では声を低めに作っていきました。でも「みんなに愛されるキャラにしよう」というディレクションから、現在のキーまで上がってきました。役作りにはそんな変化がありました。
性格的には、フェネックは思っている以上にアライさんが好きなんだな〜って(笑)。フェネックが明るいアライさんについて行きたくなっちゃう気持ちっていうのは私もなんとなく分かるんですね。2人がいつも一緒にいる理由がなんとなく見えた気がします。

築田:私はフンボルトペンギン役なんですけど、役をいただいた時にキャラクター設定の紙をいただいて「天然な子」ってあったんですね。なので私は天然でちょっと引っ込み思案なところがあるのかな、って思っていたんですけど、アフレコの時に台本を読んだらすごくマイペースな子で。周りのことをあんまり気にしないで、自分の興味があることばっかりみたいな。1つネジが外れちゃってるみたいな役で(笑)。そういうキャラクターだと思っていなかったので演じ方は変わりました。

根本:コウテイペンギンはクールというか、みんなをまとめる頼れる存在なんですけど、実は『ようこそジャパリパークへ』と『大空ドリーマー』は、アフレコ前に録音したのでキャラがそれぞれ違っていたりしてるんです。楽曲の時は「お姉さん」感が強いのですが、アニメではリーダーだけど責任に押しつぶされそうな不安感が前に出てきました。しっかりしているけど悩んでしまう普通の女の子なんだな、と気付いた時にすごく親近感を覚えました。

田村:ジェンツーペンギンは最初の印象では、天然でアイドルを一生懸命目指している子なのかと思っていましたが、台本に書かれているセリフでは意外にツッコミ役でした。コウテイペンギンが白目になって固まっている時にすかさずツッコんでいたり、ふわふわしているだけじゃなくてしっかりしているところもあるんだなって。この子はみんなのことが大好きで、ずっと「PPP」として活動していきたいと思っているんだろうなと感じて、より好きになりました。

―演じたキャラクターと自分自身と似てるところ・似てないところってありますか?

本宮:全然似ていません。私はどちらかというとアライさんの性格に近いと思います。そして、アライさん役の小野早稀ちゃんはフェネックっぽいという、キャラクターと本人の性格がクロスしている感じです。

根本:でも、ちゃんさき(小野早稀)のことが大好きっていうところは、アライさんが大好きなフェネックと似ているよ!

本宮:そうだよね(笑)。小野早稀ちゃんと一緒の時間が長いので、すごく仲良くさせていただいていて、いつも一緒にいるってところは似ていますね。

築田:私は……、みんなに「マイペースな部分が似ているね」って言われることが多いんですけど、フルルちゃんは楽観的で細かいことをあんまり考えていなくて、私はネガティブに考えすぎちゃうところが多いので、うらやましいなって思います。

根本:さきほども言ったとおり、お姉さんっぽさが前面に出ていて、演じきらないといけないという気持ちでした、でもアニメになって親しみやすさが増して。緊張するところもめちゃめちゃ似ているし、周りの目を気にするところとか、一人一人の行動をちゃんと見ているところとか、近いところがあるなと思います。でも、白目をむいたことはないかな……(笑)。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy