体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平成ノブシコブシ吉村「僕は実の父親を後輩芸人として育てようと思ってるんです」映画『ラブポリス~ニート達の挽歌~』独占インタビュー(2)

本記事は連載企画となっております。
前回:平成ノブシコブシ吉村崇氏&ダイノジ大地洋輔氏に直撃取材!映画『ラブポリス~ニート達の挽歌~』独占インタビュー(1)
http://getnews.jp/archives/169563

和やかな雰囲気で進行したインタビュー、エンジンが掛かってきた平成ノブシコブシ吉村崇とダイノジ大地洋輔の本音が飛び出してきた。

吉村さんと大地さん。お二人はとても仲が良いですが、今回の撮影を通じて親交を深めたんですか?

吉村:ダイノジさんは僕らの先輩で、ライブでもお客さんが一杯のステージだったりで、僕ら後輩からしたら憧れの先輩でしたね。

大地:一番最初の撮影のシーンで、カメラを長回しして、長台詞を言うという予定だったんですけど、どうしても……かむんですよね。台詞を。最初の頃は吉村に「何してるんすかー!」みたいなノリで、和やかな感じでやっていたんだけど、あまりにかみすぎて、結局何回も撮り直すことになって、だんだん撮影現場が殺伐とした空気になるんですよね。そこで監督に「もう……しゃーないす……ここはカットで行きましょう……」とか言われてしまって。悔しかったですねぇ……吉村にナメられたのもその時かなあ。

吉村:いや、もっと前からですよ。出会った頃から。こいつはヤベーみたいな。

大地:随分前だな! 撮影始まる前から俺ナメられてたのかよ! せっかく映画のエピソード交えて一生懸命言ってるのにブチ壊すなよ!

吉村:なんかこの人、ダメなんですよね。年上で先輩なのに、なんか放っておけないというか。大地さんにはプライベートでもお世話になっていて、いろいろな所に連れていってもらったこともありました。いや、そうでもないかな。

大地:そうでもないとか言わなくていいよ。そういうの言わなくていいじゃん。なんとなく、よく一緒につるんでるということにしておけばいいじゃん。
※様子がおかしい

吉村:え、そこはどんなお店で、ジャンルがどうとか、どんなサービスをしてくれるお店とか言わなくていいんですか。

大地:その情報でどんな所に行ってるのか特定できちゃうじゃねーか!

―ああ、奥さんに言えないようなお店に行っていたわけですね。わかります。

大地:ちょっと!

吉村:とにかく大地さんは、この映画のままですね。気になる女性がいたら、その人が悩んでることを何処からかかぎつけて、助けてあげるみたいな。その人の悩みを解決して何としてもゲットする! みたいなことをやってたんですね。どんなに深夜でも駆けつけて、原チャリに乗って、タスキをかけて、頭に大人のおもちゃを二本差して。

大地:『八つ墓村』か! いや、でもそうなんですよ。なんというか、自分のなかのパッションをぶつけたい! みたいな。

―その悩みを解決してあげた後は、実際に女性と仲良くなれたんですか?

大地:それが全くダメだったんだよねー。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会