ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷で人生を見つめ直す人間ドラマ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
04301

俳優のマット・デイモンがプロデューサーを務め、『ギャング・オブ・ニューヨーク』の脚本でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたケネス・ロナーガンがメガホンを取った、映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が公開。

アメリカ・ボストン郊外で便利屋として働くリーは、突然の兄の死をきっかけに故郷・マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきた。兄の遺言で16歳の甥・パトリックの後見人となったリーは、二度と戻ることはないと思っていたこの町で、過去の悲劇と向き合わざるをえなくなる――。

誰にも心を開かずに生きていた主人公・リーの絶望と再生を、時折ユーモアも交えながら丁寧に描き出す人間ドラマ。父親を失った少年とともに、リーは新たな一歩を踏み出せるのか……? 公開は、5月13日より。

マンチェスター・バイ・ザ・シー
監督:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード
(2016年/アメリカ)
5月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
http://www.manchesterbythesea.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。