ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MWC 2012:Huawei、自社開発のクアッドコアプロセッサーを搭載した10.1インチICSタブレット「MediaPad 10 FHD」を発表,

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Huaweiが自社開発のクアッドコアプロセッサーを搭載した10.1インチタブレット「MediaPad 10 FHD」を発表しました。MedaPad 10 FHDはHuawei4機種目となるAndroidタブレットで、解像度1,920×1,200ピクセル(WUXGA)のIPS液晶、同社が前の日に発表したAscend D quadにも搭載されているHisilicon K3v2 1.5GHzクアッドコアプロセッサー、2GB RAMを搭載するなどスペックはかなり高いようです。アルミユニボディ構造の本体は厚さ8.8mmと結構スリム。質量は約598gとなっています。カメラは背面に800万画素CMOS、前面に130万画素CMOSを搭載。OSはAndroid 4.0(ICS)が採用されています。MediaPad 10 FHDは2012年Q2より世界で発売される予定となっています。Source : HuaweiMobilmania


(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2012:ZTE、Androidタブレット4機種「PF 100」、「T98」、「V9S」、「V96」を発表
MWC 2012:富士通のクアッドコアTegra 3を搭載したAndroidスマートフォンのデモ映像
NTTドコモ、「ARROWS X LTE F-05D」のソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。