体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電化!非電化!『超会議特番~鉄道編~』電車は急に止まれませんっ!

向谷実氏

2012年4月28日(土)~29日(日)に幕張メッセで“ニコニコ動画を地上で再現する”というコンセプトのもとに開催される『ニコニコ超会議』。2月27日、その中で行われる鉄道関連のイベントについて特集された、ニコニコ生放送番組『超会議特番~鉄道編~』が放送されました。『超会議』とドワンゴの“鉄分(鉄道に関する情熱の度合い)”を上げるべく、向谷実氏が超特急で走り抜ける1時間半超をのぞいて参りました。

電車

「次は~、超会議特番鉄道編~、超会議特番鉄道編~」
放送はど頭からつり革につかまっているシーンから開始。手作り感あふれるつり革のセットがとてもステキです。セットから所定の位置への移動がとてもシュールに写ります。司会は向谷倶楽部の横尾真梨子さん、そして『超会議』で行われる鉄道関連イベントについて語るのは向谷実氏。向谷氏はまず始まりの電車のBGM(ブレーキ音等)について激しい突っ込み。放送の内容の濃密さが最初から顕著に現れていました。

横尾真梨子さん

ゲストはもともと“鉄分不足”でしたが、向谷氏の毎日の電話によって徐々に鉄分が濃くなっていっている、運営川端秀寿さんと、今までドワンゴでは日が当たらなかった“鉄分”を補給すべく立ち上がった鉄道大好き! 畠山秀和さん。川端さんは鉄道ほぼ初心者のなのに、濃縮“鉄分”空間の中でがんばれという無茶ぶり、畠山さんは放送内の随所で企画のすごさを鉄道で例えよという無茶ぶりをそれぞれ振られていました。

川端秀寿さん

畠山秀和さん

世界初! 『485系公開解体買い付けショー』
さてさて、これから『超会議』、鉄道企画の概要が明らかにされていきます。まずは一番の目玉企画、『485系公開解体買付ショー』。JR九州の協力によって、4月28日(土)世界で初めて本物のJR特急車両の公開解体・パーツ買い付けが行われます。その注目の車両はJR九州小倉工場に保管されている引退車両『485系特急』、“クロハ(運転席・普通車・グリーン車)”だそうです。

これは小田急

九州にあるその車両のパーツをどうやって幕張メッセで買い付けするのかというと、小倉工場と幕張メッセを中継でつなぎ、小倉工場で横尾さんがリポート、超会議内の鉄道企画ブースで向谷氏が司会となって、横尾さんの粘りの値切りで適正価格でパーツをゲットできるという寸法だそうです。シンボルマークから車掌スイッチ、グリーン車座席はもちろん、タイホーンまで、電車の欲しいパーツはどこでも買えてしまうビッグな企画。向谷氏の粋な計らいのもと、輸送費も格安におさえていただけるようです。

1 2 3次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。