体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんな「TOEIC試験対策」は、やってはいけない

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第4回目の今回は「やってはいけないTOEIC(R)試験対策」についてです。f:id:k_kushida:20170425094341j:plain

TOEIC(R)(以下TOEIC)L&R試験に関して絶対に知っておくべき大事な心構えと、間違ったTOEIC対策の見極め方をお伝えします。また、「TOEICスコア」と「英語の実力」の両方がUPさせられる正しい対策方法を公開します。

失敗しないTOEIC対策

TOEIC(L&R)試験の年間受験者数は2011年に200万人を突破し、ビジネスパーソンの英語力を示す指標として、ますます重要なものとなっています。

会社から一定のTOEICスコア獲得を求められている人もいるでしょう。履歴書に書けるように、例えば600点や700点以上のスコアを持っておきたい人もいるでしょう。

書店のTOEICコーナーに行くと、TOEIC試験対策の書籍が山ほど出ています。有名な先生もたくさんいて、みなさんTOEIC満点だったりしますので、どう選んでよいか迷いますよね。また、インターネットで検索しても、様々なTOEIC試験対策情報が見つかります。

「一体、どれを選べば良いのだろうか…?」という悩みが減るように、今回はTOEIC対策の正しい心構えや方法についてお伝えしたいと思います。

TOEICスコアを目標にしてはいけない

まず、情報の選び方について語る前に、根本的な心構えについてお伝えします。それは「TOEICスコアを獲得することを目的にすべきではない」ということです。

そうではなく、例えば600点や700点などのスコアが獲得できるだけの「実力」を身につけることを目指すべきなのです。

これは、ちょっとした意識の差ですが、大きな違いがあります。スコアを求めてしまうと、実力とは無関係の「受験テクニック」に走ってしまいがちです。そうすると、スコアだけがうまくUPしたとしても、英語の実力が伴わないことになってしまいます。

これは、誰も幸せになれない悲劇を生んでしまいます。例えば、本来はTOEICスコアが700点に満たなかった人が、受験テクニックを駆使して820点を獲得できたとします。それを履歴書に書くことで、優良企業に無事に就職――。ここまでは幸せに見えるかもしれません。

しかし、フタを開けてみると、望まれていただけの英語力がないために、企業はまた別の人を探さなくてはいけません。また、その人も、クビにはならなかったとしても、英語に関しては肩身の狭い思いをし続けることになってしまうのです(留学経験者などもそうですが、英語ができることを期待されて入社したのに、それに応えられなかった場合には、英語に関する全てを封印してしまうケースが少なくありません)。

試験というものは本来、英語力を測るためのものです。そのスコアは本来、英語の実力を示す指標に過ぎません。単なる指標に過ぎないものを目的にすべきではないのです。目指すべきものは、英語の実力なのです。

やってはいけないTOEIC対策

f:id:k_kushida:20170425094607j:plain

表面的なTOEIC対策テクニックに振り回されないためには、一体どうすれば良いのでしょうか?

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。