体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やっぱりすごかった!羽田〜シンガポール往復「シンガポール航空」

エコノミークラスでもホスピタリティ溢れるサービスが受けられると言われているシンガポール航空。しかし百聞は一見にしかず。今回は実際に羽田〜シンガポールのエコノミークラスに往復で搭乗してどのようなサービスが受けられるのか体験してきました。

やっぱりすごかった!羽田〜シンガポール往復「シンガポール航空」のサービス

タイミングの良いおしぼりのサービス

飛行機に搭乗して最初に受けるサービスがおしぼり。これは他の航空会社でも受けられるサービスではありますが、シンガポール航空はおしぼりを渡されるのがベストタイミングでした。往復とも渡されたのですが、座席に座り何となく手を拭いて落ち着きたいと思った瞬間におしぼりを渡されたのです。おしぼりの回収も客室乗務員がスムーズに行ってくれました。

空の旅でもっとも気になる機内食は?

やっぱりすごかった!羽田〜シンガポール往復「シンガポール航空」のサービス
(C)あやみ

シンガポール航空では、まずは機内食のメニューが渡されます。そこには羽田〜シンガポールのメニュー、シンガポール〜羽田のメニューが記載されており、あらかじめ肉料理と魚料理のどちらを選ぶかを決めておけます。ちょっとしたレストランのメニューのようですね。機内食が運ばれてくるタイミングになって、素早くメニューを選ばなければいけない航空会社が多い中、このサービスは素晴らしいと思いました。

やっぱりすごかった!羽田〜シンガポール往復「シンガポール航空」のサービス
(C)あやみ

往路は焼き鳥丼を選択。鶏肉が柔らかくて食べやすかったです。満足できる機内食(ブランチ)でした。

やっぱりすごかった!羽田〜シンガポール往復「シンガポール航空」のサービス
(C)あやみ

こちらは復路で食べたチキン&ポテト(ブランチ)。こちらのチキンも柔らかくて、美味しくいただきました。

やっぱりすごかった!羽田〜シンガポール往復「シンガポール航空」のサービス
(C)あやみ

機内食の後はハーゲンダッツ(バニラ)のアイスクリームのサービスが。往復どちらもいただくことができました。また往路のみ、シンガポール到着の約1時間半ほど前に夕張メロンパンもしくはチキン照り焼きパンが配布されます。

往復ともに、お腹を空かせた状態でシンガポール航空に搭乗しても、まったく問題ありませんでした。むしろ途中でお腹がいっぱいになったほどです。

充実の機内エンターテインメント

やっぱりすごかった!羽田〜シンガポール往復「シンガポール航空」のサービス
※画像はイメージです。

シンガポール航空の羽田〜シンガポール便には機内エンターテインメント「クリスワールド」が一人一台あり、まだ日本ではDVDになっていない映画を観ることができます。映画、ドラマ、音楽、ゲームなど1000以上のプログラムから選択でき、筆者は英語字幕でフランス映画を鑑賞。気になっていた映画を観られて、英語学習もでき一石二鳥でした。これなら退屈知らずの空の旅を実現できますよね。

さらに「クリスワールド」の液晶の横はUSBを差し込めるようになっていて、スマホの充電もできて便利。長い空の旅の間でもスマホの充電切れを気にせずに済みます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。