ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

チームラボ、深セン(中国)で約2000平米の巨大展覧会 共創の教育と実験

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

チームラボ、深セン(中国)で約2000平米の巨大展覧会 共創の教育と実験
Forest of Resonating Lamps – One Stroke teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Murano Glass, LED, Endless
ウルトラテクノロジスト集団・チームラボが、中国の深圳(深セン)市のOCT Creative Exhibition Centerにて、展覧会「teamLab: Dance! Art Exihibition, Learn & Play! Future Park」を開催する。

会期は7月1日(土)から11月30日(木)の約5ヶ月間。約2000平米を用いた巨大な展覧会になるという。

Dance! Art Exhibition, Learn & Play! Future Parkとは?

チームラボは、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な専門家から構成されるウルトラテクノロジスト集団。その技術力を用いたアート作品を数多く発表している。

「teamLab: Dance! Art Exihibition, Learn & Play! Future Park」では、アート6作品と、共創の知育をテーマにした8作品を展示。2015年、東京・お台場で開催された際には、46万人以上が訪れ、世界最大のクリエイティブ系デジタルメディアの一つdesignboomの「TOP 10 art exhibitions of 2015」にも選出された。

チームラボは、本展示を「共創(共同的な創造性)のための教育的なプロジェクトであり、実験的な場」と位置づけている。

2016年3月からは、シンガポールのマリーナベイ・サンズで常設展をオープン。同国の主要新聞2紙で第一面を飾るなど、世界各地で絶賛された。5月からは、タイのバンコク、セントラルワールドにて開催。そして8月からは、世界で2箇所目となる常設展を、韓国のソウル、ロッテワールドにてオープン。12月から2017年4月までは、台湾のHuashan1914・Creative Parkで開催された。

展示作品

Dance! Art Exhibition

Learn & Play! Future Park

引用元

チームラボ、深セン(中国)で約2000平米の巨大展覧会 共創の教育と実験

関連記事

「ディズニー・アート展」レポート 500点の原画が物語るディズニーのDNA
【世界のコスプレイヤー】天は二物を与えた…!リゼロ3連コンボも熱い台湾の小沁さんにひれ伏す
きゅんくんと二子玉川 蔦屋家電のAndroid Experiments OBJECTの展示にいってきた

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。