ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「光」の芸術家、ダン・フレイヴィンの展覧会がエスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

04212
UNTITLED(TO ALEX AND NIKKI)[無題(アレックスとニッキーへ)] 1987年 8本の直管蛍光灯 長さ360cm
Courtesy Fondation Louis Vuitton
©ADAGP,Paris 2017

芸術家、ダン・フレイヴィン(Dan Flavin)の個展が、ルイ・ヴィトン表参道店にあるアートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン東京」にて開催中。会期は、9月3日(日)まで。

「光」を表現媒体に用いるアメリカ出身の芸術家、ダン・フレイヴィン。宗教画に見られるような幻想的な光でも、人物を劇的に照らす舞台装置のような光でもなく、日常のどこにでもある既製品の蛍光灯の光にフォーカスを当て、緻密に、繊細に、“日常的”な光を使って、“非日常的”な空間を生み出している。
今回の展覧会では、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンに所蔵されるコレクションの中から、直管蛍光管を45 度の角度で壁に取り付けることで長い1本の光の帯を表現した「Alternate Diagonals of March 2(to Don Judd)」(1964年)をはじめ、8色の直管蛍光灯を用いた「Untitled(to Alex and Nikki)」(1987年)、「Untitled」(1963年)、「”Monument” for V. Tatlin」(1964-65年)、「”Monument” for V. Tatlin」(1967年)、「”Monument” for V. Tatlin」(1969年)、「”Monument” for V. Tatlin」(1970年)など7作品が展示される。
光を使用する手法に生涯を捧げたフレイヴァンの作品たちを、直に見れるチャンスだ。

DAN FLAVIN展
会期:2017年2月1日(水)〜9月3日(日) 
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所: 東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道ビル 7階
開館時間:12:00〜20:00
※入場無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。