ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

坂本龍一、オランウータン、森の人の不思議な関係

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

坂本龍一、オランウータン、森の人の不思議な関係
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。4月17日(月)から20日(木)の4日間は、社団法人moreTrees事務局長、水谷伸吉さんが登場。3日目となる19日(水)のオンエアでは森についてのお話をお聞きしました。

インドネシア語で「森の人」という意味のオランウータンは、一生の大半を木の上で暮らしているそうです。

「森が無いと生きていけないオランウータンは、熱帯雨林の破壊により絶滅の危機にさらされています。また、人間も材木にしたり、伐採後の土地にパームオイルのプランテーションを作る目的で、木をどんどん伐採していきます。実は日本人もパームオイルを消費しており、カップ麺やフライドポテトの揚げ油、アイスクリームといった食品、シャンプー、洗剤、インクなど、我々の生活に密接に使われているんです。なので、パームオイルなしでは私たちの生活は成り立たない訳ですが、それが熱帯雨林の破壊と関係あることも…我々消費者は知っておくべきことだと思います」(水谷さん、以下同)

日本の森が破壊されていることのほうが実感が湧くかもしれませんが、遠くで起きている森林破壊も決して対岸の火事ではなく、私たちの生活に良くも悪くも影響を及ぼしていることを認識するべき、と水谷さんは語ります。

ちなみに、2007年に設立され、今年10周年を迎えたmoreTreesの代表は音楽家の坂本龍一さん。水谷さんもオランウータンの保護活動を始めてから知ったそうですが、坂本さんは随分前に「森の人」という曲を書いていたそうで、水谷さんは「実はこの活動をする伏線になっていたのかも」と後になって思ったそうです。

名作アルバム「音楽図鑑」に収録されているこの曲の歌詞には「オランウータン」「ザトウクジラ」「ナツメヤシ」など色々な命あるものが登場します。1984年にこの作品を発表し、その約20年後にmoreTreesを設立した坂本さん、その時期から先見の明があったのかもしれませんね。

20日(木)のオンエアでも引き続き、moreTrees事務局長、水谷さんにお話を伺います。お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。