ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

コンピューター製作を一から学べる!クレジットカードサイズのハードウェアキット「HIDIOT」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

hidiot_1一昔前は、ハイエンドユーザーにしか許されなかった自作パソコン。20年近く時を経た今、状況は一変。さまざまなキットが販売され、初心者でも気軽に製作できるようになった。

このたびKickstarterに登場したのは、クレジットカードサイズのハードウェアキット「HIDIOT」。チュートリアルに従うだけで、一からコンピューター作りができる、玩具感覚の学習ツールだ。

・10のチュートリアルに従ってコンピューターの基礎を学習

hidiot_2「HIDIOT」最大の特徴は、一度もはんだ付けを経験したことのないローエンドユーザーでも、簡単に組み立てられる点。キットには10のチュートリアルが付属しており、エレクトロニクスと回路設計、はんだ付け、プログラミングの基礎が学べるようになっている。

チュートリアルは、1時間ごとに15分のセクションに分割され、それぞれ5分間の休憩を設けている。集中力が持続しない子どもでも、これなら問題なし。この場合、数日間に分けて完成できるよう、親がチュートリアルを細かく分割していく。1日で仕上げなければならないというプレッシャーからも解放され、楽しさが倍増することだろう。

文章もわかりやすく、部品の取り付け方も、写真を入れて視覚化するなど、途中で挫折しないよう、さまざまな工夫が盛り込まれている。

・多彩な電子工作が可能に

hidiot_3チュートリアルの最終目的は、完成したボードをベースとする多彩な電子工作。低速USBデバイスとして、キーボード、マウス、ジョイスティックのシミュレートにも対応する。Minecraftのコマンドボタンやコンピューター制御のRGB LEDインジケーター、音楽プレイヤーなど、あらゆる種類のインタラクティブデバイスを、変更することも可能だ。

対象年齢は、11歳以上。キットの購入金額は15ユーロ(約1700円)から。出荷開始予定は6月で、支援は5月14日まで受け付けている。

HIDIOT/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。