ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ジェイソン・ステイサム兄貴が“秘密結社”を相手に暴れまくる!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
キラー・エリート

映画『トランスポーター』シリーズ、『メカニック』、『エクスペンダブルズ』で知られる俳優のジェイソン・ステイサムの最新作『キラー・エリート』が5月12日に公開決定、名優ロバート・デ・ニーロと共演する事が明らかとなりました。

英国で出版されて以来“国家レベルの秘密結社“の存在有無等をめぐり今もなお物議をかもし続けている、元SAS(英国特殊部隊員)による実話を基にしたベストセラー小説が原作。

リアリティ溢れるストーリー展開に、カーアクション、銃撃戦、爆破、ビルからのダイレクトジャンプといったCGナシの本格アクションが満載の、男同士の火花散る戦いが最大の魅力です。

主演を務めるのは、過去にも多くのアクション作品に出演、その強靭な肉体でいくつものピンチを切り抜けてきた“格好良すぎるハゲ”(失礼!)ジェイソン・ステイサム。今回も、兄貴がめちゃくちゃに暴れまくります。

また、クライヴ・オーウェン、ロバート・デ・ニーロとの共演も見所の一つ。映画『キラー・エリート』は5月12日より新宿バルト9ほか全国ロードショー。

『キラー・エリート』ストーリー

殺しから足を洗い、愛する女性と生活を始めた元殺し屋ダニー(ジェイソン・ステイサム)の所に、ある日1通の手紙が届く。そこには、師匠でもあり良き相棒でもあったハンター(ロバート・デ・ニーロ)が囚われている写真が入っていた。ハンターは、オマーン首長の息子達3人を殺した男たちへ復讐をするという高額のミッションに失敗し、捕虜となっていたのだった。ハンターを助ける条件としてその仕事を引き継ぎ、世界各国に散り散りになっていた特殊部隊チームを再結成するダニー。しかし、そのターゲットとなる男たちはみな、国家レベルの秘密結社“フェザー・メン”によって守られているSAS(英国特殊部隊)の兵士たちであった――。

(C)2011 Omnilab Media Pty.Ltd.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。