体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリーホラーゲーム『204に眠る』 自らの存在をさぐりつつ、無人の世界から脱出する

image00
 
閉じ込められた空間から脱出する「脱出系」のゲームは、いつでも根強い人気があるものとなっている。今回は、そんな脱出系のゲームとして、2017年初頭に発表された『204に眠る』を紹介する。フリーゲームでありながら声優付きの、豪華な短編だ。

image02
  
image01
 
主人公の「メグミ」は気がつくと、自分の部屋の床に横たわっていた。「もうこんな時間」とリビングに降りると、父も母も、飼い猫のシーもいない。玄関も内側から開かない。家を探索すると、変なところにアイテムや隠し階段があり、尋常な様子ではない。

少女メグミの、脱出劇が始まる。

と、ここまではよくある脱出ゲームだけど、このフリーゲームはそれだけにとどまらない。一言で言うと、自分の妹を名乗る明らかな人外の存在から逃げつつ、商店街、学校、そして病院の仕掛けを解いていくゲーム、になる。

image04
この妹、狂暴につき注意!
 
この子の名前は「ユウ」ちゃんという。主人公の妹を名乗るだけあって、姿も声もそっくりな女の子だ。

主人公の手に触れるとその手に呪いがかかったような文様を浮かび上がらせ、しかも見つけると執拗に追いかけてくる特性を持つ。やっかいなことに足も速い。

image03
彼女の最初の攻撃をかわせた、そんなあなたはニュータイプです。

「見つけた~」
「そこにいたか~」

そんな、可愛らしいボイスで死をお届けにやってくる女の子。ちょっとしたトラウマものだ。彼女からはただ逃げるしかなく、隠れてやりすごす工夫さえも必要になる。

image06
 
幸いユウちゃんは頭(AI)がそんなに「高性能」なわけではないので、遮蔽物を利用して直線に逃げたり、真後ろからちょこちょこ後をつけて出口に近づいたらダッシュする、といったやり方が可能だ。

というか、こういった手を使わないと、彼女を振り切るのはむずかしい。特に店のほとんどが閉まっている商店街では、カギで開けられる店を求めて、ヘタしたら数分間彼女と追いかけっこをするはめになる。

と、ここまで書いたが、この物語の目標は決して彼女から逃げることではない。閉鎖空間から脱出することだ。

このゲームの醍醐味は、謎を解いていくと過去に主人公に何があったのかがわかるところだ。それは床に落ちている「日記」の断片だったり、「しおり」をめぐる思い出だったりする。

image05
 
どうやら、メグミには過去に経験した「二つ」の重大な事件があって、そのため閉鎖空間にいて「妹」に追われているのだ。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会