ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、日・中・韓の言語に対応したオープンソースの明朝体フォント「Noto Serif CJK」を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 4 月 4 日、Adobe と共同開発した日本語・中国語・韓国語をサポートしたオープンソースのフォント「Noto Serif CJK」をリリースしました。Noto Serif CJK は 2014 年 7 月にリリースされた「Noto Sans CJK」フォントのセリフ書体(明朝体)バージョンで、一つの書体で日本語、中国語、韓国語の文字を表示することができます。明朝体は美しい書体なので、書物や公文書などで広く利用されており、無償かつライセンスの範囲内で自由に利用できるオープンな Noto Serif CJK は横書きはもちろん、縦書きもサポートしています(一部の文字は文字の向きが変わります)。フォンパッケージでは 4 万 3,027 文字がコード化されており、6 万 5,535 ものグリフが収録されています。サイズも ExtraLight ~ Black まで 7 段階用意。Roboto、Noto Sans、他の Noto Serif フォントとの互換性もあります。Noto Serif CJK フォントは下記のリンク先で配布されています。Source : Google Developers JapanGoogle Noto Fonts

■関連記事
江崎グリコ、ポッキーやプリッツのパッケージにスマートフォンをかざしてスヌーピーを捕まえるARアプリをリリース
Waze、ベータ版でAndroid Autoをサポート
エクスペディアのAndroidアプリがタブレットをサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。