ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

リアーナ演じるマリオン・クレインの運命は……映画『サイコ』の前章ドラマ『ベイツ・モーテル』であのシャワー・シーンが登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
リアーナ演じるマリオン・クレインの運命は……映画『サイコ』の前章ドラマ『ベイツ・モーテル』であのシャワー・シーンが登場

 ヒッチコックの名作映画『サイコ』で起こる一連の事件に至るまでの経緯を描いた米TVドラマ・シリーズ『ベイツ・モーテル』の最終章となるシーズン5にリアーナがマリオン・クレイン役で出演している。

 マリオンは『サイコ』の有名なシャワー・シーンで刺殺されてしまう女性だが、最新エピソード(第6話)で彼女がシャワー・シーンを披露して話題になっている。(この先ドラマのネタバレ注意!)

 上司から預かった40万ドルが入ったブリーフケースを盗んだマリオンは、主人公ノーマン・ベイツ(フレディ・ハイモア)が営む寂れたモーテルに宿泊する。1泊目の夜、彼女は恋人のサム(オースティン・ニコルズ)が実は既婚者であり、彼女に会いにモーテルにはやって来ないということを知る。ノーマンが自分に惹かれていることに気付いていない彼女は失恋したことを彼に打ち明けた後にシャワーを浴び始める。

 『サイコ』ではマリオンがノーマンによって殺されて行方不明になることがその後の展開のきっかけとなるので、多くの視聴者はここでリアーナの出番は終了したと思ったことだろう。ところが、ドラマ版マリオンに凶器が向けられることは(少なくとも今回は)なく、彼女は悪態をついてシャワーから飛び出す。サムの家へ向かった彼女は、彼が間違いなく既婚者であることを確認すると、彼の車の窓を叩き割り、モーテルに戻る。ノーマンは彼女に逃げるよう促し、彼女はそのままモーテルを後にする、というストーリーだった。

 リアーナが再びドラマに登場するのかは不明だが、彼女が立ち去った後の展開も意外なものだったので、映画の物語と重なるラスト・シーズンからは今後も目が離せなさそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

リアーナ出演&スパークス音楽担当のL・カラックス監督作、米アマゾンが配給権を獲得
リアーナ、ハーバード大学より人道賞を受賞「誰かを助けるために裕福である必要はない」
激ウマ!? 鳥によるリアーナのカヴァーが話題に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。