体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今さらながらの紙脱却! 話題の電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル』を試した!

マンガを含めた読書好きなら、気にせずにはいられないのが「Kindle」。今回紹介する『Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル』は電子マンガ書籍の保存のために容量を拡大、ページめくり速度を改善したモデルだ。もちろん通常の小説なども読める。それではどの程度使えるのか、最近すっかり電子書籍づいてしまっている記者が検証する。

画面は文庫本よりも若干小さいが強力にシャープな文字表示の電子ペーパーの読みやすさはクセになる!?

アマゾンジャパン『Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル』(ブラック・169 x 117 x 9.1 mm/205g・価格 税込18,280円※Amazonプライム会員は4,000円引・発売中)は、非常にコンパクト。画面サイズが文庫本サイズで、ちょっとしたミステリーの単行本程度の重量。

充電はUSBケーブルで。一度の満充電で1日30分使用で数週間持つというバッテリーはノートPCやタブレットでは考えられないスタミナだ。

手に持った感覚だと、バランスがいいのか、そんなに重くは感じない。小型タブレットのように見えるが、使うと根本的に違うことがわかる。これは読書のための端末。簡易ブラウザなども入っているが、あくまで脇役。モノクロ読書が基本のマンガや、文字主体の小説作品などを読むのに適している。


起動は下部電源ボタンの長押しで起動。完全に起動するまで1分程度。ライブラリには取説が入っているのも親切。

画面表示はモノクロ。電子ペーパーなので、とても美しい。電子ペーパーの原理はボードゲームの「オセロ」のようなもので、それが信号によってひっくり返って書き換わる仕組みと考えればいい。黒か白かのその状態はそのまま目視できる状態になる。基本はひっくり返すときだけにしか電力が要らないので、通常のテレビや液晶ディスプレイのように常に書き換え続ける必要がなく低電力で済むというのが最大のメリット。

 

さらにこのモデルでも実現している300ppiという解像度は、市販されている商業書籍と同程度のクオリティー。印刷物と見間違えるほどのシャープさは、初めて見る人は驚くはず。近年主流のオフセット印刷というよりも、凸版印刷方式のようなシャープな品質は、紙よりもきれいと言っても過言ではない。

 

ただし、現在カラーの電子ペーパーはコスト的に実現が難しく、モノクロが基本。なので白黒主体の既存マンガや、小説などの読書に向く。階調表現はしてくれるものの、カラー主体の雑誌購読などには向かないので、念のため。

 

マンガはタップ長押しで高速ページめくりが可能だが、小説などの文字主体本には使えない!

画面はざらついた感触で指紋のつきにくいマットな質感。小説などは、文字サイズを調整して、文庫感覚で読むことができる。しかしこのモデルの主体となるマンガは、世に出ているマンガ文庫より少々小さいのに注意。画面サイズが文庫の版面(主に文字が印刷されている部分)と同じなので、マージン分表示が小さい。なので細かい書き込み文字を多用するタイプのマンガだと、時折ピンチアウトして拡大しながら読むことになる。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会