ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

和楽器バンド、3rdアルバム『四季彩−shikisai−』が各ランキングで上位を獲得!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

和楽器バンドの3rdアルバム『四季彩−shikisai−』が、発売初週に4.2万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキング初登場2位を獲得した。
和楽器バンド (okmusic UP's)
これは約1年半前に発売された前作『八奏絵巻』が記録した初週売上3.6万枚を上回り、自己最高の好スタートとなった。ユーザーの音楽の楽しみ方が多様化し、CDの売れ行きが縮小傾向にある中での前作実績を上回る好スタートには、現在の和楽器バンドの勢いが感じられる。

さらに、Billboard JAPAN Top Albums Salesで2位、iTunesトップアルバムで2位、レコチョクアルバムランキングで1位など、各主要サイトにおいても上位にランクインしており、幅広いユーザー層から人気を博していることも注目すべき点だ。

アルバム『四季彩−shikisai−』には、配信シングル「オキノタユウ」(TBS系『CDTV』2・3月度OPテーマ/『レコチョク』TVCMソング)をはじめ、「起死回生」(テレビ東京系『リオ五輪』中継テーマソング)、「Strong Fate」(映画『残穢-住んではいけない部屋-』イメージソング)、「Valkyrie-戦乙女-」(TVアニメ『双星の陰陽師』オープニングテーマ)といったタイアップ曲が9曲、メンバー書き下ろし楽曲を含む全16曲が収録されている。

1月末にYouTubeに公開されたアルバムリード曲「オキノタユウ」のMVは、公開からわずか2か月弱で300万再生を突破し、彼らの作品の中でもっとも早い300万再生を記録している。なお今作に収録されている楽曲のMVは全部で5タイトルあるが、そのYouTube再生数の合計は約1200万再生となっており、楽曲だけでなく映像にも注目が集まっていることがわかる。

なお和楽器バンドは4月22日(土)より、初の全国ホールツアー「和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori-」を開催。2016年は積極的な海外展開を試み、初のニューヨーク公演とアメリカ西海岸ツアーを敢行。国内では大型ロックフェスへの初出演も果たすなど、大きな成長を遂げた彼ら。今や世界へと人気を拡大させている和楽器バンドが音楽シーンを席巻する日も近いかもしれない。

アルバム『四季彩-shikisai-』
発売中

■MUSIC VIDEO COLLECTION 初回生産限定盤

【CD+DVD+スマプラムービー&ミュージック】

AVCD-93641/B/¥4,320(税込)

【CD+Blu-ray+スマプラムービー&ミュージック】

AVCD-93642/B/¥5,184(税込)

■LIVE COLLECTION 初回生産限定盤

【CD+DVD+スマプラムービー&ミュージック】

AVCD-93643/B/¥4,320(税込)

【CD+Blu-ray+スマプラムービー&ミュージック】

AVCD-93644/B/¥5,184(税込)

■CD ONLY 初回生産限定盤

【CD+スマプラミュージック】

AVCD-93645/¥3,024(税込)

■mu-moショップ・FC八重流専売数量限定盤

【2CD+2DVD+Blu-ray+スマプラムービー&ミュージック】

AVZ1-93651~2/B~D/¥16,200(税込)

「オキノタユウ」MV
https://youtu.be/WSUGASFlypY

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。