ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

トヨタの電気自動車、2020年東京五輪でデビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲EV専用コンポーネントが搭載されるトヨタのピュアEV。2017年の東京モーターショーで公開される予定だ。2020年のオリンピックで公道デビューするときは、イラストのような姿で登場するだろう

▲EV専用コンポーネントが搭載されるトヨタのピュアEV。2017年の東京モーターショーで公開される予定だ。2020年のオリンピックで公道デビューするときは、イラストのような姿で登場するだろう

トヨタ社内での愛称は、愛Car

現行プリウスの発売から1年が経過した2016年12月、トヨタはEV事業企画室を立ち上げて、プリウスのチーフエンジニアを移籍させた。ここで生み出されようとしている車が、トヨタ社内では愛Carと呼ばれているモデルだ。

このEV事業企画室は社内ベンチャーとして扱われ、トヨタの他に豊田自動織機、アイシン精機、デンソーから各1名が参画。計4名で構成されている。ハイブリッドカー分野でトップを走り、将来を見据えたビジョンとしてFCV(燃料電池車)を究極のエコカーに据え、開発を進めているトヨタが、なぜEVなのか。

これは、世界企業ならではの決断だ。国によっては、水素ステーションなどのインフラ整備が進まないまま、ゼロエミッション車の普及に向けて規制強化が図られるケースもあり、トヨタとしてもピュアEVの開発&投入が、避けられない状況になりつつある。

こうした背景もあって、「やはりEVは必要だ」との判断が下されたわけだ。

▲愛Carには、プリウスから実用化されているTNGA Cプラットフォームが用いられる。駆動用バッテリーが搭載されるのに伴い、室内フロアとヒップポイントは、プリウスよりも高めに設定されるようだ

▲愛Carには、プリウスから実用化されているTNGA Cプラットフォームが用いられる。駆動用バッテリーが搭載されるのに伴い、室内フロアとヒップポイントは、プリウスよりも高めに設定されるようだ

TNGA-Cプラットフォームがベース

愛Carのベースには、2017年1月のCES(コンシューマーエレクトロニックショー)に出展された、「コンセプト-愛i」が起用される。同社はAI(人工知能)搭載のスタディモデルとして、ドライバーの感情や嗜好に合わせて、関心のありそうな話題を提供するなど、車とドライバーのコミュニケーションに重点が置かれていた。市販化に合わせて、トーンダウンされるものの、その技術は開発中のEVにも用いられるだろう。

愛Carのシャシーには、プリウスと同じTNGA-Cプラットフォームが採用される。他社のEV同様、駆動用のリチウムイオン電池は床下に敷き詰められて、パッケージングへの影響は最小限に抑えられる。低重心化による、副次的な恩恵も同様にもたらされるだろう。

愛Carは、2020年に東京で開催される、オリンピック&パラリンピックで公道デビューを果たす。トヨタとしては、オフィシャルカーの座をも視野に入れて、開発しているのかもしれない。市場に登場するのはまだ先の話だが、直近の話題としては、2017年の東京モーターショーで参考出品されるとの噂だ。

もちろん、冒頭で述べたように、ゼロエミッション規制が施行される国や地域をターゲットに、市販車としてリリースされる予定だ。同じ日系EVの先駆車として、先を行く日産 リーフに追いつけ、追い越せ!の思いを胸に、開発陣の長い戦いは始まっている。

▲トヨタのEVの歴史を語るうえで欠かせないモデルが、2012年末に限定100台が発売されたeQだ。iQを流用して開発されたシティコミューターEVで、一充電あたりの走行距離はJC08モードで100km。価格は360万円だった

▲トヨタのEVの歴史を語るうえで欠かせないモデルが、2012年末に限定100台が発売されたeQだ。iQを流用して開発されたシティコミューターEVで、一充電あたりの走行距離はJC08モードで100km。価格は360万円だった

▲写真のトヨタ RAV4 EVは、トヨタとテスラのコラボにより、作り出された北米専売EV。一充電あたりの走行距離は約150km。発売から約1年半で生産&販売は終わった

▲写真のトヨタ RAV4 EVは、トヨタとテスラのコラボにより、作り出された北米専売EV。一充電あたりの走行距離は約150km。発売から約1年半で生産&販売は終わった

※2017年3月28日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2020年

■全長×全幅×全高:4450×1800×1450(mm)

■搭載エンジン:電気モーターtext&photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

お父さん、こんなのいかが? 娘に買ってあげたい中古車5選
フォルクスワーゲン ザ・ビートルをクローズアップ!【後編】
満を持して国内導入となったディーゼルモデル、プジョー 508 SW GT BlueHDi

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。