ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パナソニック、AIベースのアシスタント機能「Arbo」を搭載した「ELUGA Ray X」「ELUGA Ray Max」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

パナソニックがインドにおいて AI ベースのアシスタント機能「Arbo Smart Assistant」を搭載した新型スマートフォン「ELUGA Ray X」と「ELUGA Ray Max」を発表しました。両モデルに導入された Arbo アシスタントはユーザーのスマートフォン利用や行動を学習し、場所や状況に応じてユーザーにとって必要そうな機能や情報を提案するソフトウェアです。例えば、ユーザーが訪れた場所を学習して、職場や自宅、頻繁に訪れているお店に行くと、スマートフォンの設定を変更するよう(マナーモードなど)提案したり、ユーザーが日々行うタスクやアクティビティ(通話やメール)を学習して、定期的に電話やメールをする相手にその時間になると同様の作業を提案します。ELUGA Ray X は 5.5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの液晶や MediaTek MT6737 1.3GHz クアッドコアプロセッサを搭載したエントリーレベルの大画面スマートフォン。4,000mAh という大容量のバッテリーを搭載しているのが大きな特徴です。一方、ELUGA Ray Ma は 5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶や Snapdragon 430 1.2GHz オクタコアプロセッサを搭載したミッドレンジモデルで、4GB RAM や 1,600 万画素カメラを搭載するなど、パナソニックのインド向けスマートフォンの中では最上級のスペックです。両モデルは 4 月 1 日にインドの大手通販サイト Flipkart で発売される予定です。

■関連記事
Android版YouTubeアプリに横スクロールの「登録チャンネルの人気動画」が追加
Xiaomi Mi Pad 3の写真が流出
NTTドコモ、「海外1dayパケ」使い放題キャンペーンの実施期間を9月30日まで延長

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。