ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MicrosoftのAndroid用ホームアプリ「Arrow Launcher」がv3.2にアップデート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Microsoft の Android 向けホームアプリ「Arrow Launcher」が v3.2 にアップデートされました。v3.2 のアップデートではいくつかの機能追加が行われ、前回バージョンよりも若干利便性が向上しています。まずはホーム画面上でアプリドロワーのアイコンの移動に対応し、ボタンをホーム画面の好きな場所に配置できるようになりました。また、ホーム画面をスワイプアップすると表示されるパネルは全体が暗くなり透明度もほぼ無くなったので、アプリやツールが背景と同化せずに見分けやすくなりました。さらに、ホーム画面上でアイコンを非表示化する機能、アプリやウィジェトの配置を固定するロック機能も追加されました。このほか、アプリ内蔵の「DateTime」ウィジェットは次回のアラーム時刻を表示するようになり、複数都市の時刻表示をサポートしました。「Arrows Launcher」(Google Play)

■関連記事
Lenovo、今年は日本でのスマートフォン販売を強化
Android Studioは今後Chrome OSに対応する見込み
Android Oの新機能 : クイック設定パネルにバッテリーセーバーが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。