ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コーヒー好き必見!サードウェーブ・コーヒー専用メーカー「Perk」はハイクオリティなドリップが可能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Perk1「サードウェーブ・コーヒー」の特徴は、より生産地への配慮、豆の素材、淹れ方、香りなどにこだわっている点だ。しかし1杯のコーヒーを飲むのに手間がかかるというのが業界の悩みのタネであった。

そんな手間のかかるサードウェーブ・コーヒーの作成を自動化してくれるコーヒーメーカーが「Perk」だ。

・特殊な技術でコーヒー豆を均一にドリップ

このコーヒーメーカーの秘密は、特殊なサスペンションの原理を利用したドリップの仕方にある。挽いたコーヒー豆を入れた空間に水が下からじわじわと湧き上がり、コーヒーを均一にドリップしてくれるという仕組みだ。

Perk2

この技術により、コーヒー豆のドリップにムラが発生しないため、豆の香りや風味を最大限引き出すことができるのだ。今までこの原理は理論的には実現可能といわれていたが、ついにこの原理を利用したコーヒーメーカーが登場したというわけだ。

・ドリップの各工程でも水温を一定に維持

もう「ドリップペーパーを一度ぬらして…ゆっくり時間をかけながらドリップして…」といった手間のかかる工程は不要だ。この機械に水をいれ、挽いたコーヒー豆を上部の投入口にいれ、スイッチを押すだけだ。

このコーヒーメーカーはドリップの最中にも水温を一定の温度に維持をしてくれるため、各工程で温度差が発生しにくい。コーヒー豆の良さを一切殺さない環境が保たれているのだ。

Perk3

このサードウェーブ・コーヒー専用メーカー「Perk」は、2017年5月14日までKickstarterにて出資を募っており、今なら1台174ドル(約1万9000円)で注文できる。自宅で上質な1杯を楽しみたいという人はぜひ検討してみてはどうだろう。

Perk/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。