ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

頭抜けた才能で疾走する三浦大知の最新作『HIT』の魅力とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今、最も熱い注目を集めるエンターテイナー三浦大知。抜群のセンスを誇るダンスと場を支配する歌唱力に支えられたパフォーマンスをひと目見れば、彼の実力はすぐに分かる。しかし、技術的な部分の素晴らしさだけでここまで多くの人を惹き付けるのではない。彼の音楽やライヴ活動にはあえて余白が残されていて、リスナーやオーディエンスが主役になって考えたり、感じさせたりする仕掛けが随所に入っている。そんな三浦大知の美学がより一層反映されていると感じられるのが、3月22日にリリースされた6枚目のオリジナルアルバム『HIT』だ。
アルバム『HIT』 (okmusic UP's)
今作はオリコンウィークリーチャート1位を獲得した「EXCITE」やブレイクダンス世界大会のテーマソングになった「(RE)PLAY」、自身最高難易度のダンスに挑戦した「Cry & Fight」といったヒットシングルに加え、多彩なナンバー全12曲を収録。アルバムのサウンドについて彼は“欲張らない”というテーマを設定したという。『HIT』を制作していた2016年は『ミュージックステーション』などの音楽番組に多数出演。『仮面ライダーエグゼイド』の主題歌「EXICITE」を担当するなどして、幅広い層に対して彼の存在が浸透していった年だった。“三浦大知の音楽が届く範囲がさらに広がった”という実感を持った彼は今まで応援してきたファンに加え、新しく聴く人も楽しめるものにしようと決めて、最新アルバムでは肩の力を抜いて聴き心地良いものを目指した。

アルバム『HIT』の1曲目を飾る「Darkest Before Dawn」はアコースティックギターでさりげなく始まり、次第に解放感に満ちていく。途中に熱量の高いダンスミュージック「EXCITE」やストレートでありながら深い愛を描いたバラード曲「Star」といったメリハリを入れつつ、軽快な空気に包まれるラブソング「Neon Dive」や不思議な浮遊感のある「Can’t Stop Won’t Stop Loving You」などスーと耳に馴染む曲が並ぶ。また、SOIL&‟PIMP“SESSIONSとタッグを組んで作った「Rise Up feat. SOIL&‟PIMP“SESSIONS」は、彼にとって新たな挑戦となるブラジリアンミュージック。このような明るく華やかなナンバーもアルバムを彩り、聴いているとあっと言う間に時が過ぎていく作品に仕上がっている。つまり、絶妙なバランスで余白が入っているのだ。しかし、物足りなさを感じさせず、ちょうどいい加減に収めるというのが最も難しい。三浦大知自身の幹がしっかりしているからこそ必要な音だけ残して削ぎ落していってもその輝きは失われなかったし、初めて聴く人もすんなりと受け取れる一枚になったのだろう。

そう言えば彼はライヴについても以前“三浦大知を知らなくても、誰でも楽しめるライヴを毎回作ろうと思っているんです”といった話をしていたことを思い出す。こういったリスナーやオーディエンスの受け止め方を考え、細やかな配慮を行ない、実際に誰もが納得するステージに仕上げる点こそ、三浦大知の魅力だと感じる。

また、今作で印象に残るのは、サウンドは聴き心地良いが、その根底に流れているメッセージは今までと変わらず骨太であるということ。特に闇と光をテーマにした曲が大きな要素になっている。「Darkroom」ではあえて自分たちの安住の場所として暗闇を求める2人を描き、一方で10曲目の「誰もがダンサー」は“誰かが見ていても見ていなくても、闇の中で踊り続けよう”と孤独と戦う人の物語であり、その次にくるシングル曲「Cry&Fight」は、何かに向かって一生懸命に生きている人の尊さを歌っている。ラストの「Hang In There」は苦しい状況に置かれて空虚な思いにとらわれる絶望感を表す一方、そこで何とか踏みとどまる気持ちを呼び起こすように歌う。そして、最初にくる「Darkest Before Dawn」は“今は暗くても夜明けは必ずくる”というポジティブなメッセージが込められ、曲がクライマックスにいくほどに光が広がるのを感じさせる。どんな状況でも歌い、踊り続けた三浦大知。今年20年目のアーティスト活動を迎える彼が発信する曲たちだからこそ説得力があり、リスナーに前に進む勇気を与えてくれる。

彼の音楽、パフォーマンス全てに通じるが、手間暇かけて作ってきたものを飾り立てて“すごいだろ!”と見せるのではなく、聴いているうちに、見ているうちに、無意識に引き込んでしまう。その自然体こそが、三浦大知の本当のすごさであり、多くの人に愛される理由なのではないかと思う。彼の魅力をぜひニューアルバムで体感してほしい。

TEXT:桂泉晴名

アルバム『HIT』
2017年3月22日発売

【CD+DVD盤】

AVCD-16752/B/¥3,900+税

※スマプラムービー+スマプラミュージック対応

【CD+Blu-ray盤】

AVCD-16753/B/¥4,300+税

※スマプラムービー+スマプラミュージック対応

【CD ONLY盤】

AVCD-16754/¥3,100+税

※スマプラミュージック対応

<収録曲>

■CD 

01. Darkest Before Dawn

02. EXCITE

03. (RE)PLAY

04. Neon Dive

05. Body Kills

06. Darkroom

07. Can’t Stop Won’t Stop Loving You

08. Rise Up feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS

09. Star

10. 誰もがダンサー

11. Cry & Fight

12. Hang In There

■DVD&Blu-ray

Darkest Before Dawn -Music Video-

EXCITE -Music Video-

(RE)PLAY -Music Video-

Cry & Fight -Music Video-

~BONUS~

Darkest Before Dawn -Making-

Hang In There -Dance Edit Video from DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL-

DVD&Blu-ray『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』
2017年3月22日発売

【DVD】

AVBD-16756~7/¥5,500+税

※2枚組

※スマプラミュージック対応

【Blu-ray】

AVXD-16758/¥6,400+税

※スマプラミュージック対応

<収録曲>

■LIVE

Unlock

I’m On Fire

Right Now

FEVER

Look what you did

Neon Dive

Daydream

MAKE US DO

Dance Number

Delete My Memories

4am

The Answer

Two Hearts

ふれあうだけで ~Always with you~

(RE)PLAY Medley – Black Hole ~ Half of You ~ Illusion Show-

(RE)PLAY [Special Guest : ISSEI, WATA, Hilty & Bosch, GOGO BROTHERS, KITE]

EXCITE [Special Guest : 仮面ライダーエグゼイド]

全速力 feat. 三浦大知 [Special Guest : KREVA]

Your Love feat. KREVA

Touch Me

GO FOR IT

Turn Off The Light

Cry & Fight

~ENCORE~

Hang In There

music

■BONUS

Documentary of DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL

三浦大知 (okmusic UP's)
DVD&Blu-ray『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)
『DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館』 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。