体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

amazarashi、新録音源にポエトリーを加えた「つじつま合わせに生まれた僕等 (2017)」MV解禁

amazarashiが初のベストアルバム『メッセージボトル』の発売を記念して、初期の名曲の新録にMV用として書き下ろしたポエトリーを加えた特別編集版「つじつま合わせに生まれた僕等 (2017)」のMVを公開した。
「つじつま合わせに生まれた僕等 (2017)」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「つじつま合わせに生まれた僕等」は、秋田ひろむ自身が『過去、現在、未来を歌うことで、世界のすべてを表現してみたかった』と語る楽曲で、amazarashiの数ある楽曲の中でも、特に秋田の思い入れが強い一曲。『改めてたくさんの方に、この楽曲を届けたい』。そんな秋田の願いから新録が決定したとのことだ。

MV中で秋田は、この映像のためだけに書き下ろしたポエトリーを披露。鬼気迫るポエトリーリーディングから「つじつま合わせに生まれた僕等 (2017)」へとシームレスにつながる、MVとしては例をみない構成だ。たった416文字に凝縮された、7年間のamazarashiの歩みが、ライブさながらの鬼気迫る圧力で観るものの心を抉る。

舞台は、秋田ひろむがかつて過ごした部屋を思わせる黒く塗られた異形の四畳半。本棚には血肉となった本人の所蔵本が並び、部屋には大雨が降りしきる。”雨曝し”になりながら、力強く歌唱する歌声は”雨の歌詞”となり、黒塗りの闇を洗い流し、夜明けへと向かう。日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、『僕等は雨曝しだが”それでも”と言うところを歌いたい』というバンドの本質を表現したベストにふさわしい記念碑的MVとなった。

■アルバム『メッセージボトル』特設サイト

http://www.amazarashi.com/messagebottle/

【「つじつま合わせに生まれた僕等 (2017)」MVメイキングエピソード 】
・壁や本はすべて黒く塗られていて、実際の部屋以上に圧迫感がる。秋田が感じていた閉塞感と、雨によって黒が洗い流されて、精神が解放されていく様を表現。

・撮影時間はのべ30時間。部屋を黒くするために使った水溶性 版画絵の具が、雨で洗い流されるので、撮影と、乾燥と、塗り直しを、繰り返しながら長時間にわたって行なわれた。

・撮影に使用した水は15トン。

・デジタルなプロジェクションではなく、水の雫で図形やパターンを表現するウォーターサインをつかって、リアルな「雨の歌詞」を作成。

・セットでは、秋田ひろむ本棚を再現。amazarashiの歌詞に影響を与えてきた書籍を映像内で見つけることができる。

amazarashi 誦読「つじつま合わせに生まれた僕等 (2017)」MV
https://youtu.be/Vaq2LOeFFW0

アルバム『メッセージボトル』
2017年3月29日発売

【完全生産限定盤(スペシャルパッケージ)】(3CD+DVD)

AICL-3302~6/¥5,800+税

※布張り本仕様

※amazarashi 詩全集、小説、イラスト集付き

【初回生産限定盤】(3CD+DVD)

AICL-3295~9/¥3,800+税

※三方背ケース、CDサイズ上製本

※小説付き

【通常盤】(2CD)

AICL-3300~1/¥2,800+税

<収録曲>

■CD DISC 1

01.光、再考

02.つじつま合わせに生まれた僕ら

03.夏を待っていました

04.無題

05.奇跡

06.ワンルーム叙事詩

07.さくら

08.この街で生きている

09.空っぽの空に潰される

10.美しき思い出

11.ラブソング

12.ナモナキヒト

■CD DISC 2

01.ジュブナイル

02.性善説

03.終わりで始まり

04.冷凍睡眠

05.スターライト

06.ひろ

07.季節は次々死んでいく

08.スピードと摩擦

09.多数決

10.ライフイズビューティフル

11.僕が死のうと思ったのは

12.命にふさわしい

13.ヒーロー

14.つじつま合わせに生まれた僕等(2017)

■CD DISC 3 ※完全生産限定盤、初回生産限定盤のみ

〈あまざらし『光、再考』〉

01.光、再考

02.少年少女

03.真っ白な世界

04.隅田川

05.ドブネズミ

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。