ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『聖剣伝説』シリーズ初期3作がニンテンドースイッチ向けに発売決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

3月21日、スクウェア・エニックスは、同社によるアクションRPG『聖剣伝説』シリーズの3作品が収録された『聖剣伝説コレクション』をNintendo Switch向けにリリースすることを発表した。発売は6月1日に予定されている。

bg
 

Nintendo Switch™用ソフト『聖剣伝説コレクション』の発売が決定いたしました!
発売日は2017年6月1日(木)予定です!!
『聖剣伝説コレクション』公式サイトはコチラ⇒ https://t.co/6oLkuvyLPR#聖剣コレ pic.twitter.com/A2Tks919UZ

— 聖剣伝説 -公式- (@Seiken_PR) 2017年3月21日

本作は、累計出荷本数600万本を超える同シリーズの25周年を記念した作品となっており、シリーズ初期の3作品『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-』『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』が収録されている。『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』については3人までのマルチプレイにも対応。また『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-』については、2003年発売のリメイク作『新約 聖剣伝説』ではなく、1991年発売のゲームボーイ版原作が収録される。

「いつか、こんなゲームをいつか作りたい!」と、スーパーファミコン(SFC)時代のゲームをプレイして思った制作者の方は多いのではないだろうか?昨今、作品数の増えてきた個人開発者によるインディーゲームにおいても、『ゼルダ』シリーズなどを筆頭としたSFC時代のゲームにインスパイアされたドット絵ベースの作品を見かける事が多い。

先日もぐらゲームスで紹介したインディゲームディベロッパー「Colony Games」が手がけるアクションRPG『RolansQuest』も、今回紹介した『聖剣伝説』やそのほかのSFC作品の影響を感じさせるものであった。

『聖剣伝説』風のドット絵アクションRPG『RolansQuest』デモ版が制作中

かつて「ゲーム制作者」を目指したいと思わせてくれた過去作の復刻は今後、ニンテンドースイッチ向けに増えていくのだろうか?今後も期待したいところだ。

[基本情報]
タイトル:『聖剣伝説コレクション』
開発元:スクウェア・エニックス
価格:4,800円(税抜き)
発売日:2017年6月1日
プレイ人数:1~3人(『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』のみ)
公式ページ

関連記事:

『ゼルダ』「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』。世界観を彩るサントラが配信!
悪夢のような線画世界で戦うアクションRPG『LUCAH』戦術性の高さが伺えるデモ版をレビュー
『聖剣伝説』風のドット絵アクションRPG『RolansQuest』デモ版が制作中

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。