体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バスクリン社はなぜ、「銭湯部」の活動が社内外で評価されたのか?

f:id:kensukesuzuki:20170314122859j:plain

こんにちは。銭湯芸人のハブチン(写真中央)です。

今回は株式会社バスクリンに伺いました。同社には「銭湯部」という会社公認の部活動があり、そのユニークな取り組みが2016年度「グッド・アクション」を受賞されたそうです。銭湯部ではどのような活動が行われているのか、他の部活動とは何が違うのかを聞いてきました。

高橋正和氏(写真右):学生起業~ベンチャーでの経験を経て、2012年に株式会社バスクリン入社。ダイレクトマーケティング部に所属。2015年4月に「バスクリン銭湯部」を設立。部長として活動中。

齊藤翔大氏(写真左):株式会社バスクリン 総務部所属。バスクリン銭湯部では「人事」を担当。

バスクリン銭湯部 | 東京銭湯 – TOKYO SENTO –

銭湯で社員交流?部活動は「銭湯巡り」

— バスクリン銭湯部は具体的にどういう活動をしているのですか?

f:id:kensukesuzuki:20170314123707j:plain

高橋:まずは「銭湯巡り」ですね。定例活動として、都内を中心に各地の銭湯巡りを実践しています。あとは「銭湯コラム」を発信していて、銭湯やお風呂の魅力を伝えています。そこから派生して「バスクリン銭湯部」と「銭湯」との共同企画や、社外コラボ企画が生まれています。

— それはマーケティング活動の一環なのでしょうか?

高橋:いいえ、あくまで社内のイチ部活動という立てつけですね。

会社公認の野球部やサッカー部らと同じ位置づけですね。銭湯部は文科系部活動として存在しているのですが、会社のアイデンティティを探求する役割と、ベテラン社員から若手までを繋ぐ取り組みが社内外から評価してもらえるようになってきました。銭湯を通じて、バスクリン社らしい社員交流が生まれています。

会社のルーツを知るために銭湯部を設立

— 銭湯部を立ち上げようと思ったきっかけは?

f:id:kensukesuzuki:20170314123732j:plain

高橋:私は(株)バスクリンに中途入社したのですが、入社して気づいたのは、社外の方からよく「バスクリンを日頃から愛用しています。お世話になっております!」と言われるんです。そんなバスクリンを育んできたのは誰か、どういう風に愛されてきたのか、会社のことをもっと深く理解するためにルーツを探りたいと思いました。

f:id:kensukesuzuki:20170314123749j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会