ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『Nuslear Throne』風のローグライクアクション『Kill The Dragon』がSteam Greenlightに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月17日、インディーゲーム開発者のpickysource氏が手がけるローグライクアクションゲーム『Kill The Dragon』がSteam Greenlightに登録された。配信予定日は2017年6月となっている。

『Kill The Dragon』Steam Greenlightページ
 
本作は、ファンタジー世界を舞台とした見下ろし画面型のアクションゲームとなっている。かつて世界に大きな被害を与えたドラゴンを倒すため、プレイヤーはドラゴンの軍団しもべたちと戦いつつ、そしてドラゴンを討ち取るためにダンジョンの奥へと進むという内容だ。


 
Steam Greenlighページによると、本作はインディー開発者Vlambeerの『Nuslear Throne』にインスパイアされた作品であるとのこと。ゲームシステムとしては、剣・槍・弓・魔法のそれぞれを得意とする4人のキャラクターのうち一人を選択し、自動生成されるダンジョンを突き進んでいくというもの。道中で拾うことができる武器は28種類以上、アイテムには12種類以上あるとのこと。


 

 
また一人プレイからローカルでのマルチプレイに対応しており、冒険の舞台となるステージの種別は10以上、6体以上のボスキャラクターも存在する。参照元とされる『Nuslear Throne』は荒廃したSF風の世界観となっていたが、一方で本作はファンタジーの世界観となっているようだ。


 
トレイラー動画やスクリーンショットなども公開されており、さまざまな武器でモンスターの大群をなぎ倒していく激しい立ち回りを確認することができる。それらを見る限りでは爽快感の高いゲームであることが伺えるため、今後の制作情報も楽しみに待ちたいところだ。

[基本情報]
タイトル: 『Kill The Dragon』
制作者: pickysource
対応OS: PC

『Kill The Dragon』Steam Greenlightページ

関連記事:

『Pixel Princess Blitz』約1200万円の支援金額でKickstarter完遂 可愛らしいドット絵のローグライク・アクションRPG
ローグライク・アクションRPG『Xenon Valkyrie』 美しいドット絵とチップチューン音楽が光る新作
滑らかに動くドット絵ファイトがアツいボクサー育成SLG『Victory Road』Steam Greenlight通過 日本語にも対応予定

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。