体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Ericsson、「Xperia active Billabong(ビラボン) Edition」を発表

デジタル・IT

Sony Ericssonがサーフィンといったボードスポーツ系のアパレルブランド「Billabong(ビラボン)」とグルーバルな戦略的提携の締結を発表した中で、Billabongとのコラボモデル「Xperia active Billabong Edition」を発売すると発表しました。
既に一部の地域では発売されているそうです。

Xperia activeはスポーツやフィットネス、アウトドアアクティビティを好む方に向けたAndroidスマートフォン。

IP67相当の防水・防塵に対応したタフネス設計のボディに、3インチHVGAサイズの液晶ディスプレイ、1GHz Snapdragon、512MBのRAM、720pHD動画の撮影も可能な500万画素カメラなどを搭載します。

ハード・ソフトは既に出回っているXperia activeと基本的に同じのようです。

Billabong Editionでは、独自のカバーデザインが採用されており、Billabongの壁紙や動画、「Billabong Live」アプリのプリインストールされているそうです。

Source : Sony Ericsson


(juggly.cn)記事関連リンク
リーク情報によるとMotorola Droid 4の発売日は米国時間2月10日、価格は2年契約で$199
DropboxがAndroid向けアプリ開発ビルドv2.0.9を公開、写真と動画の自動アップロードに対応、テスト期間中に最大5GBの空きスペースがもらえる
米Sprint、ZTEの7インチHoneyocmbタブレット「ZTE Optik Tablet」を発表、2月5日に$99で発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会