ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【炎上】神田駅前で大火事発生! 東京で一番ウマイお好み焼き屋「カープ東京支店」は無事 / 安否確認の電話相次ぐ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ca5

2017年3月18日0時40分ごろ、神田駅付近で発生した大火災。木造4階建ての建築物のほか、10棟(計約385平方メートル)が焼けるなど、炎上により周囲の建物にも大きなダメージを与えた。

・火事周辺のお店は休業
翌日の夜になっても周囲は立ち入り禁止となっており、火事周辺のお店は休業を余儀なくされている状態だ。そんななか、火災発生時からインターネット上で老舗のお好み焼き屋「カープ東京支店」に大きな注目が集まっていた。

ca12 ca11 ca10 ca13 ca14 ca9 ca5 ca8 ca7 ca6 ca18

・カープが焼けたのではないか
火災が発生した場所が、「カープ東京支店」の2軒隣であったため、多くの人たちが「カープが焼けたのではないか」と不安になったのである。しかし「カープ東京支店」は狭い路地を挟んでいた事から無事で、焦げ臭い火事の臭いが漂うなか営業開始。訪れた客たちに絶品なるお好み焼きをふるまっていた。

・火事を知らせる電話
大将と女将によると、深夜0時30分に店内の清掃を終えて店を出たものの、あとから「カープ近くで火災発生」の知らせを電話で受け、驚いて店まで戻ったという。不幸中の幸いというべきか、火の手は店舗に広がっていなかったという。

ca20 ca15 ca1 ca4 ca3 ca2

・東京でいちばん美味しい広島のお好み焼き
営業中、店内には電話のベルが鳴り響く。カープは無事なのか? 大参事の後でも営業しているのか? 多くの人から安否確認の電話がくるのだ。

大将は「ひっきりなしに心配している人から電話がくる」と話す。それもそのはず、この店は「東京でいちばん美味しい広島のお好み焼き」といわれており、多くのファンがいるのだ。

「カープ東京支店」が無事だったとはいえ、10棟が燃えた火災。火の取り扱いには注意したいものである。

もっと詳しく読む: 神田駅付近で大火事発生! 老舗のお好み焼き屋「カープ東京支店」は無事(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/03/18/kanda-carp/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。