体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『トレインスポッティング』のトイレシーンにも勝る?! 水族館・庭園・秘宝館……“トイレスポッティング”まとめ

02_07

4月8日に20年ぶりとなる続編が公開となる『トレインスポッティング』。1996年に制作されたこの映画は、90年代カルチャーを代表する名作として、今も多くのファンに支持されています。

『トレインスポッティング』と言えば、忘れられないのがあの“トイレ”シーン。映画を象徴する場面と言っても過言では無いですよね。続編『T2 トレインスポッティング』にも印象的なトイレシーンが出てくるので、お楽しみに。

というわけで今回は『T2 トレインスポッティング』の公開を記念して、トイレ評論家のマリトモさんに注目の“トイレスポッティング”について教えていただきました!

T2 トレインスポッティング

Q:これまでマリトモさんが見てきた、個性的なトイレについて教えてください!

マリトモ:10年以上に渡って全国各地にある変わったトイレを取材してきましたが、その中でも特に印象に残っているトイレを何点かご紹介したいと思います。

(1)庭園トイレ

02_01

まずはじめに風情を感じるトイレでいうと、福井県・越前市にある『レスト有情』というレストランのトイレです。7つあるトイレがすべて異なる作りの庭園仕様になっていて、それぞれのコンセプトで『竹軒(ちくけん)』『緑陰(りょくいん)』といった名前がつけられており、松や竹が植えられ灯籠が置かれていて風情があるので、利用者がついつい長居しすぎるらしいです。

(2)花嫁トイレ

02_02

また東京にある『目黒雅叙園』は、トイレの中に川が流れていて、日本橋を渡った先にトイレがあります。 橋も壁も扉も全て朱塗りで螺鈿細工の模様が施され、天井には金箔で施された画が描かれていて、“昭和の竜宮城”と言われるのも納得の豪華ぶりです。
一般公開されていない旧館にある80年以上も前に作られたトイレは、4畳半もある和式便所で、目黒雅叙園の方いわく花嫁衣装を持ち上げるお付きの人と一緒に利用していたのではないかとの事です。

(3)滑空トイレ

02_03

つぎにアイデアに富んでいると思ったトイレは、『斑尾高原スキー場』にある男性用と女性用のそれぞれ一室にあるトイレで、長野五輪のスキージャンプ台からの風景を印刷したステッカーを四方八方、 さらに足下までもスキー板の写真を貼っていて、標高差136mの最大斜度37.5度をリアルに表現しているので、目の錯覚とはいえ、高所恐怖症の方は怖いかもしれません。

(4)ペーパートイレ

02_04

京都にある居酒屋『ももじろう』のトイレは、壁一面にトイレットペーパーが設置されていて、女性用トイレには80個のトイレットペーパーが目の前にあり、そのすべてが綺麗に三角織りされていてとにかく圧巻の光景。男性用は、両サイドの壁にトイレットペーパーがびっしりと設置されています。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。