ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

竹製フレームの電動自転車が登場!最大時速は驚異の64km!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
CalfeeDesignつい先日の3月10~12日まで、北米のSalt Lake Cityで開催されていた「North American Handmade Bicycle Show」では、さまざまな自転車が展示された。

・“竹製フレーム”の電動自転車!CalfeeDesign2

「Calfee Design」の自転車もその1つだが、これは“竹製フレーム”の電動自転車で、何といってもそのインパクトある見た目が注目を集める一品だ。

自転車には1500ワット、54ボルト、250Whバッテリーパックで動作する、Bafangのモーターを搭載。

前輪部分には、12ボルトのLEDライトシステムを発電させるハブダイナモ、後輪部分にはSturmey-Archerの高効率変速ハブが設置されている。

・最大時速は64km!?CalfeeDesign3

モーターのアシストにより、最大時速64キロメートルというスピードが出るというからオドロキだ。技術的にはエンジン付き自転車並みの速度を出せるとはいえ、各国の法定速度を遵守する必要がある。

自転車のフレーム部分は竹でできていて、サスペンションフォーク、シートポスト、竹製スポークの20インチ車輪を搭載。

・省スペースで保管ができる

都市でも小回りがきくよう配慮されているのも嬉しい。総重量は約23キログラム。

コンパクトな設計に加え、ハンドルバーが90度回転するようになっていて、駐輪時に自転車をフラットに折りたたんで保管できるため、省スペースなのもありがたい。

現在プロトタイプを開発中とのことで、一般発売されるのを期待して待とう。

New Atlas

Calfee Design

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。