ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

男心を歌ったラブソングは?いきものがかりが解説!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

男心を歌ったラブソングは?いきものがかりが解説!
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。3月9日(木)のオンエアは、いきものがかりの水野良樹とお送りしました。木曜の放送では、水野があるテーマに沿って選んだ曲を紹介しています。今回はホワイトデー目前ということで、男心を歌ったラブソングを特集しました。

堺正章「さらば恋人よ」
「1971年の往年の名曲です。歌詞にもあるように『悪いのは僕の方であって、君じゃない』っていうことを男は言いがちですよね(笑)」(水野、以下同)

沢田研二「勝手にしやがれ」
「この曲が画期的なのは、『出て行ってくれ』って言ってるのが男性の方だということです。それが沢田研二さんのようなカリスマで、絶世の美男子が言っていると、それが絵になるっていう。意外と男性の方が女々しいんじゃないかとか、忘れられないんじゃないかとか、引きずるのは男性の方なんじゃないかと。でも、最後は『さらば恋人よ』みたいに格好をつけてしまうんじゃないかと僕は思います」

中西保志「最後の雨」
「『誰かに取られるぐらいなら、君を壊したい』という内容なんですけど…その辺が男心なんでしょうか」

ウルフルズ「サムライソウル」
「この曲に共感するし、こういうことを言わせてくれる女性を男性は求めてしまいがちなのかなと…。強がりだったり、やせ我慢だったり、ちょっとした見栄だったり、自問自答したり、そういうことを全て含めて男性っぽい感じがします」

風味堂「愛してる」
「『愛してるって言えない』っていうんですけど、男性としては共感できるのでは。思っているけど言えないという、男性の弱さを出している気がします」

東京60WATTS「外は寒いから」
「男性と女性の関係性は、いろんな歌の中で書かれてきていて、時代の価値観を表します。この歌に出てくるカップルは、男女のどちらが強いということはなく、お互いが少しけだるい空気の中で愛し合っている、そんな今の時代をリアルに描いている感じがします」

back number「高嶺の花子さん」
「現代において、男心を歌わせたら彼らの右に出る人はいないんじゃないかと。女性が『こんな風に思ってくれたらうれしい』っていうことを書くっていう意味では」

曲を聴いた藤田が「実現しないからこその思いが溢れてきて、その表現の仕方が清水(依与吏)さんはすごいよね」と感想を話すと、清水さんと仲良しの水野は「良い曲ばっかり書くんだよね…」と改めて感心していました。

■今回のオンエア曲
チャットモンチー「Magical Fiction」
Katy Perry feat. Skip Marley「Chained To The Rhythm」
HOWL BE QUIET「Higher Climber」
嘘とカメレオン「されど奇術師は賽を振る」
吉澤嘉代子「えらばれし子供たちの密話」
Zara Larsson feat. Ty Dolla $ign「So Good」
ONE OK ROCK feat. Avril Lavigne「Listen」
大橋トリオ「The Day Will Come Again」
back number「高嶺の花子さん」
Shawn Mendes「Treat You Better」
井上苑子「メッセージ」
MONO NO AWARE「イワンコッチャナイ」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分ー25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。