体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いぶし銀の”B級洋画風”ミリタリーSTG『地獄のヘリコマンドー』最新兵器で地獄のミッションを遂行せよ

軍事用ヘリコプターは1940年代の第二次世界大戦末期に発明され、本格的な武装と装甲が施されて運用されるようになったのが1960年代のベトナム戦争期という、戦車・戦艦・戦闘機などと比較して若いジャンルの兵器である。1980年代には攻撃ヘリコプターを主役とした映画やテレビドラマが作られるなど、当時の最新鋭兵器のひとつとして印象を残した。

image01
 
ゲーム制作サークルOBLIQUEGLASS開発による『地獄のヘリコマンドー』は、その名の通りヘリコプターを操るサイドビュー・任意スクロール方式のシューティングゲームである。

コミックマーケット91にて完成版の領布が行われたのち、2月1日よりダウンロード版がDLsite.comおよびメロンブックス.com、パッケージ版が同人ショップならびにななぽストアよりそれぞれ購入できる。開発元サイトとダウンロード販売サイトそれぞれで体験版のダウンロードも可能だ。

最新鋭ヘリを駆り、敵兵力を撃滅せよ

舞台は大国同士が軍拡競争でにらみ合いを続けていた東西冷戦のおり。
 
image00
 
西太洋の島国「ベル・バルド」にて軍事クーデターが勃発し、プレイヤーは武力介入を決定した多国籍軍の一員として特殊作戦ヘリXOH-1「ニンジャ・コマンドー」のパイロットとなり、クーデター鎮圧の任務にあたることになる。

image06
 
ヘリの操作はキーボードのWASDキーもしくはゲームコントローラの十字キーで自機の移動を、マウスで照準と射撃をそれぞれ行う。XOH-1には機銃、ロケット弾などの対地兵装、対空ミサイルの3種類の兵器が搭載されており、それぞれマウスの左ボタン・中ボタン(ホイール押下)・右ボタンに割り当てられている。

ノートパソコンのタッチパッド等ではボタン数の関係から一部武器の発射に支障が出るため、ホイール付マウスを用意してプレイすることを推奨する。

image03
 
それぞれのミッションの作戦目標を達成するか、もしくは撃墜や燃料切れなどにより作戦失敗となるとデブリーフィング画面へ移行し、作戦結果に応じてメダルが供与される。このメダルを消費することで「技術開発」を行い、新たな武装や機体を強化するための拡張パーツを入手することが可能だ。

貴様らにはこれより地獄を見てもらう。

XOH-1を待ち受けるミッションは、敵を見つけ出してひたすら破壊するだけの簡単なお仕事から、基地の防衛や要人警護といった守備的な任務、はたまた「ニンジャ・コマンドー」の名前通りの潜入作戦まで多種多用なものが用意されている。

山岳地帯や海上、あるいは夜間帯の出撃など、地形やシチュエーションも様々だ。

image04
 
中盤以降は敵側の新型戦闘ヘリコプターや艦船などの強力な敵も登場して苛烈な攻撃を仕掛けてくる。考えなしに突っ込んでいくと容赦なく地獄送りにされてしまうので、一撃離脱戦法や長射程攻撃を駆使して確実に敵の戦力を削いでいきたいところだ。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会