体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビールのふるさと札幌で日本のビールの魂に触れる/現地特派員レポート

 【TABIZINE 現地特派員による寄稿】 
 
日本におけるビールの歴史など知らなくても、そのノドごしに何ら影響するものではありません。ビールは舌で味わうのではなく喉で味わうのだ、とだれかが言っていました。ましてや頭で味わう必要など全くないわけです。

ほんとうにそうだろうか。それを確かめるために、札幌にあるビールの故郷を訪れてみるのはいかがしょう。ビールに情熱を傾けた一人の男のことを知ると、考えが変わるかも知れません。

ビールのふるさと札幌で日本のビールの魂に触れる
新千歳空港からJRに乗って札幌駅に近づくと、進行方向右手の街並みの上に煉瓦造りの赤い煙突が天高く聳えているのが目に入ります。

そこに白い文字で「サッポロビール」と大書されている。これを見ると、ああ札幌に帰ってきたなあと、道産子は思うわけです。ちょうど東京に向かう飛行機の窓から富士山が見える感覚でしょうか。

ビールのふるさと札幌で日本のビールの魂に触れる

サッポロビールの歴史は意外と古い

かのトーマス・グラバーと岩崎弥太郎が発起人となって麒麟麦酒の礎を作るよりも早く、明治9年には札幌の開拓使が日本人による初のビール造りに着手しています。そういうわけで知る人ぞ知るあのサッポロビールの★印は、開拓使のシンボルマークでもあるのです。札幌におけるビールの歴史は意外に深い。

札幌には「サッポロファクトリー」(中央区北2条東4丁目)というのがあって、映画館などを備えた大型の商業施設を展開しています。そして、旅するあなたに今回ぜひ訪ねていただきたいサッポロビール生誕の地でもあるわけです。ただ、札幌駅からは少し距離がある(徒歩15分ほど)せいか、地元以外の観光客からはスルーされることが多いようです。

実は、こちらはJRの列車から見えたあの煙突の場所とは正反対の方向にあります。ちょうど室蘭本線を挟んで双子のように対峙する形で建っている。右手に見えていた方は、サッポロビール札幌第二工場。サッポロファクトリーの方は、ビルの影でよく見えない。どちらも同じくらい古い歴史があります。

サッポロファクトリーと永山武四郎邸

サッポロファクトリーのすぐお隣に、北海道庁の二代目長官となった永山武四郎の旧邸宅(中央区北2条東6丁目)が残されています。足の便の悪いサッポロファクトリーまでせっかく来たのですから、まずはこちらを訪れてみることにしましょう。

ノーブルな顔立ちの永山武四郎は薩摩の出身で、西南戦争が起こったときに郷土の英雄、西郷隆盛と戦うために屯田兵を率いて北海道を発ち、九州を転戦した経歴があります。その功績もあっての北海道庁二代目長官というわけです。この方が長官になる前の年に、開拓使麦酒の生産が開始されています。

ちなみに永山さんは今回のビール物語の主人公ではありません。ただ、長官殿は仕事帰りに、「ちょっと工場の様子を見てくる」とか言っては頻繁に味見していたんじゃないでしょうか、証拠はないけど。

131909-03
131909-04
西南戦争で獅子奮迅の戦いをしたのは、主に会津出身の屯田兵だったといいます。戊辰戦争の仇を討ったのだろうと考えられています。そうではなく、むしろ北海道での再起に命をかけていたという見方もあります。しかし、戦後彼らの功績が報われることはほとんど無く、薩摩出身の士官たちだけがその恩賞にあずかったようです。

131909-05
訪れた秋にはギンドロの葉が、輝く裏面を見せ石畳に散っておりました。
入口は、三菱が増設した洋館側にあります。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。