体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都の春を告げる京都東山花灯路~幻想的な京都の夜を愉しむ

3月3日から京都東山一帯で花灯路が開催されたので、2日目の4日(土)の夜に散策してきました。
3月に入って、気温も上がり、少しは過ごしやすくなったとは言え、陽が落ちるとまだ肌寒いです。上にはダウンジャケットを着こんで、防寒対策は万全と。
京都東山花灯は今年で15回目12日までの10日間、三条通りから神宮道を入った青蓮院から五条通り近くの清水寺までの東山一帯で開催されます。

三条通りから神宮道を経由して、まずは八坂神社へ。着物を着ている女性のほとんどは海外の観光客。聞こえてくる会話から、中国、韓国などアジア系の方が多いようです。

八坂神社で”舞妓さんの舞”を鑑賞

18時から境内の舞殿で京都五花街”舞妓さんの舞”が始まりました。今回のイベントでは祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の5つある花街の舞妓さんたち。今日4日は祇園甲部の舞妓さんの舞が見られました。

ちなみに残りの日程は、10日(金)先斗町、11日(土)上七軒、12日(日)祇園東となっています。6日(月)・9日(木)には春乃櫻香家元による日本舞踊、11日は平成女鉾清音会による「女」の祇園囃子の奉納が鑑賞できます。

巨大なハリボテ灯籠に圧倒される~粟田大燈呂

八坂神社を抜けて、円山公園に入ると、粟田神社大祭で巡行した粟田大燈呂5基が出迎えてくれました。

青森のねぶた祭りみたいなハリボテの灯籠で、高さは4メートルほどもあります。ねぶたはこの灯籠がルーツになっているという話もあるようですが、粟田神社サイトにも青森ねぶた祭のサイトにもそのような記述がないので、真偽のほどは不明です。

参照:粟田神社:http://awatajinja.jp/prayer/  青森ねぶた祭:http://www.nebuta.jp/

いけばなと竹灯りで幻想的な雰囲気に包まれた円山公園

今年の花灯路のテーマは「花」
円山公園には京都いけばな協会による光を灯された16のいけばなの展示と園内を流れる吉水の小川一面に約500本の青竹の灯籠が設置され、一帯は幻想的な雰囲気に包まれていました。

狐の嫁入り巡行には人だかり

19時になって、知恩院方向から狐の嫁入り巡行が始まりました。期間中、19時と20時の2回、知恩院三門前から高台寺まで狐のお面を付けたお嫁さんが人力車に乗って巡行します。

提灯行列に先導された狐の花嫁巡行は灯籠の明かりに灯され、夢の中の光景を見ているようです。しかし、周囲にはたくさんの人だかり。巡行の行先にどこまでもついていきます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。