体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の出汁(だし)文化のはじまりは縄文時代にあった!? 「縄文女子」の火付け役がレポートする縄文料理

jyomon_01

▲縄文時代に採集されていた貝、イボキサゴのスープ。

貝塚の正体はわずか2センチほどのイボキサゴ。
貝塚は何を意味するのか?

jyomon_02

▲全国に2400か所ほどある貝塚の内、700か所を保有する千葉県。写真は、千葉市にある加曽利貝塚の貝層断面。

yaman-web03

ヤッホー!ヤーマンです。
祝日「山の日」を勝手に応援している山と鳥のハーフのヤーマンです。
山と溪谷社の営業部員のヤーマンです。

僕の知り合いの知り合い(遠いなぁ)に縄文女子がいると聞いて話を聞いてきたよ。

縄文女子の譽田(こんだ)さん!こんにちは!!

はじめまして〜。
縄文時代に魅せられ、土偶のこととかあれこれ書いております、こんだと申します。

さて、突然ですが、今日は皆さんと一緒に貝塚について考えてみたいと思います。
と言われても、貝塚とか、興味ないよねー(笑)。
だけれど、
「日本の出汁文化のはじまりは縄文時代にあった!?」
って言われたら、ちょっと気になりません?
ウソでもなるって言って!(笑)
そして、気になってなくても、強引に話を進めちゃうから(キリっ)。

ところで、
「貝塚」って聞いて、何を思い浮かべましたか?
「縄文時代のゴミ捨て場」
と思い浮かべる方が一般的だと思うのですが、実は今では、それだけではないんじゃないかと考えられています。
というのも、貝塚には、貝殻はもちろんのこと、縄文人の人骨や、壊れた土器や土偶、彼らが食べた動物や魚の骨や植物の残りカスとか、それはもう、いろいろあるのです。
つまり、貝塚は貝殻ばかりが捨てられた場所じゃなかった、ということ。
そして、人骨があるっていうことは、単なるゴミ捨て場じゃなかったんじゃないか、ということ。
縄文人の世界観のなかで、すべてのもの(有機、無機にかかわらず)に命が宿ると考えていたならば、その命の役目が終わった時に、「ありがとうね」の想いを込めながら、この場所に置いたのではないか(天に命を返す儀礼をしていたのではないか、という研究者もいます)とも言われています。
確かなことは分かりませんが、そうだったとしたら、なんか、優しいなと思いますよね、縄文人(笑)
ということで、「貝塚」というのは、ただのゴミ捨て場ではなく、彼らの暮らしの痕跡が分かる場所なのですよ。

って、言ったって、この積み上がった貝の量はどうよ!
正気の沙汰とは思えない量を彼らは食べていたのです。それも、2センチほどのちっちゃいちっちゃいイボキサゴを。

これ、本当に食べていたのか?
そして、美味しいのか?

実際に食べてみなくちゃ分からない!ということで、今回は特別に許可を得て、イボキサゴを獲りに行くことにしました。

縄文人たちが食していた貝を採集しに!
一体どんな貝なのだろう?

jyomon_03

▲鬱蒼とアシが茂る小径をひたすら歩く。

今回は木更津の海へ行くことに。
当時は加曽利集落付近から丸木舟に乗って海へとやって来て、ごっそり貝を採集して帰って行ったんじゃないのかなー、なんて想像しながら、とぼとぼ歩きます。千葉とは思えない景色にビックリしました。
私たち、まるで、夏休みの小学生(笑)

jyomon_04

▲やっとこさ干潟に到着。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。