ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一人で大画面 ヘッドマウントディスプレー エプソン『moverio(BT-100)』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『moverio(BT-100)』

エプソンは、独自の高解像度マイクロディスプレーで3D対応ヘッドマウントディスプレー『moverio(BT-100)』を2011年11月25日に発売しました。自宅や外出先など、どこでも持ち運べて、その場で臨場感を楽しめるヘッドマウントディスプレーを実際に体感してみました。価格はオープン価格となっています。

『moverio(BT-100)』

『moverio(BT-100)』は、シースルーモバイルビューアーで画面がサングラスのように透けており、映像を見ながら周りの景色も把握できるのが特徴。5m先に80型相当の画面を表示する、音声はDolby Mobileを採用した臨場感のあるサラウンドも楽しめます。頭に装着するヘッドセット部分は、240gの軽量ボディヘッドで、楽な姿勢で楽しめます。

付属品のメガネフックを取り付ければメガネをかけたままでもそのまま装着でき、映像もくっきりと視聴できます。WiFiに接続することでインターネットも使用でき、自宅で寝転がりながらお気に入りの動画や『YouTube』、『ニコニコ動画』などを楽しむのもいいのではないでしょうか。また同居人がテレビやパソコンを使用していても、一人で気兼ねなく見られるのもいいですね。

『moverio(BT-100)』

バッテリーの持続時間は約6時間で、映画など充電せずに最後まで楽しめますし、ライブ映像は3Dで目の前で繰り広げられるため、ライブに来ているような迫力を体感できました。

microSDカードのデータも取り込めるので、ちょっと恥ずかしくもカッコイイ『moverio』を装着して、電車の中やカフェテリアでお気に入りの動画や音楽を人前で堪能してみてはいかかでしょうか。近未来のおしゃれサングラスっぽくてかっこいいですよ。

コントローラーはタッチパネルもついており、直感的な操作を片手で楽々と行うことができます。また、頭を傾けたり動かしたりしてもそのまま映像を観る事ができました。

『moverio(BT-100)』

ヘッドマウントディスプレー『moverio(BT-100)』。価格はオープンで、一人で大画面で様々な場所でも臨場感あふれる映像を観るのに素晴らしいガジェットでした。

●製品ページ
ヘッドマウントディスプレー『moverio(BT-100)』

ハニー大木の記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: ooki2525

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。