体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾のほとんどの夜市で見かける定番B級グルメおすすめ7選

生活・趣味

台湾に旅行に行ったら夜市でB級グルメの食べ歩きがしたい! という方はたくさんいらっしゃることでしょう。でもいざ夜市に繰り出してみたら人の多さに圧倒されて何を食べたら良いかわからなかった、という経験をしたことはありませんか? ガイドブックでおいしいものをリサーチしてきたのに目当ての店にたどり着けなかったということもあるかもしれません。

そんな時はまず、台湾のほとんどの夜市で見かける定番メニューをいくつか試してみるのはいかがでしょうか? これから取り上げる7つのB級グルメなら、台湾のほとんどの夜市で見つけられますよ。

1.大腸包小腸(ダーチャンバオ・シャオチャン)

台湾のほとんどの夜市で見かける定番B級グルメおすすめ7選
大腸包小腸とは、もち米を腸詰めしたソーセージに切れ目を入れ、間にさらにソーセージをはさんだ食べ物です。もち米ソーセージのもちもちした食感とジューシーなソーセージの相性が抜群で、ボリュームたっぷりなのにぺろりと食べられてしまいます。コショウ味やにんにく味などいろいろな味が選べることも多く、一つあたり50元前後で販売されています。

2.水煎包(シュイジエンバオ)

台湾のほとんどの夜市で見かける定番B級グルメおすすめ7選
水煎包は焼き小籠包と訳されることが多く、少し大きめの小籠包を大きな丸い平鍋にびっしりと並べて焼かれます。そのため外側のぱりっとした食感と、皮のもちもち食感を同時に楽しむことができます。中身は肉か野菜かを選んで注文できることが多く、値段は1つあたり10~15元と手頃なので両方の味を楽しんでみると良いでしょう。

3.鹽酥雞(イェンスージー)

台湾のほとんどの夜市で見かける定番B級グルメおすすめ7選
鹽酥雞とは、揚げ物の屋台のことを指します。鹽酥雞という名前のとおり、多くのお店では鶏肉の揚げ物が提供されていますが、野菜やきのこ類、豆腐など様々な具をその場で揚げて味付けしてもらうことができます。

注文の仕方は、お店の前にあるカゴの中に好きな具を選んで入れ、店員さんに渡します。辛くするか、にんにくを入れるかどうか聞かれるので答え、揚げ終わってから会計することが多いです。一つの具あたりの価格は10~60元程度に設定されています。

4.臭豆腐(チョウドウフ)

台湾のほとんどの夜市で見かける定番B級グルメおすすめ7選
臭豆腐は名前のとおり、その臭いにおいは屋台のまわり一体に漂っています。サイコロ状に揚げたものや、串に刺されたものがよく夜市で販売されています。日本人にとってはそのにおいだけで無理だ、と思ってしまうかもしれませんが、勇気を出して挑戦してみると意外とおいしいですよ。量や大きさによって値段は異なりますが、30~60元ぐらいで食べることができます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会