体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大きな牛スジが自慢の「静岡おでん」を地酒とともに楽しめるお店「つるかめ」【静岡】

f:id:mesitsu_lc:20170208100225j:plain

巷では“ご当地グルメ”が花盛り。でも、いったいどこからどこまでが“ご当地グルメ”なのか、いまいち釈然としないと思いませんか?

どうも、しゃべりだしたらグチ or ボヤキ。グチから生まれてきた男、メシ通レポーターの間覚です。

牛スジや豚モツのお肉のうま味がおでん種に染み込む「静岡おでん」

さて、静岡の“ご当地グルメ”といったら、真っ先にあげられるのが「静岡おでん」。

もう何十年も前から静岡人に愛されてきた正真正銘の“ご当地グルメ”です。

f:id:mesitsu_lc:20170208095606j:plain

知らない人のために簡単に説明すると、「静岡おでん」とは、黒々としたスープと、チビ太のおでんのごとく串をうったおでん種が特徴。

おでん種の中には、牛スジか豚モツが入っていて(それらで出汁をとるお店もあります)、関東や関西のおでんよりも、お肉のコクと甘味を感じます。

よく「昔は駄菓子屋さんで食べていた」というセリフを言うのが、静岡人の“あるある”で、それくらいどこにでもあったから、お店によって味わいも全然違ったりするんです。

f:id:mesitsu_lc:20170213114952j:plain

ちなみに、僕の好みは、鰹ダシがきいたさっぱり味。好きなおでん種は、一も二もなく牛スジです。以前は、近所のおでん屋さんが僕好みの「静岡おでん」を出していましたが、そこが閉店してからというもの、なかなか自分好みの「静岡おでん」に出合えずにいました。

そんなある日のこと。酒の場の失態によって、おそらく一生頭が上がらないであろう、とある社長さんから、

「盛り合わせだけでお腹いっぱい。とくに牛スジが大きくておいしい『静岡おでん』が食べられる居酒屋さんがあるよ」

という情報を教えていただきました。しかも出汁のベースは鰹ダシとのこと。もうこれは、いろんな意味で行くしかないわけで、さっそく行ってみることにしたのです。

店内は団塊世代のどこか懐かしいアイテムで彩られています

f:id:mesitsu_lc:20170208100825j:plain

お店があるのは、静岡東宝会館のある十字路から南側に伸びる路地に入ってすぐの雑居ビルの二階。お店の名前は「つるかめ」といいます。

風情のある白ののれんがいかにも老舗の居酒屋さん。風情の玄関をくぐって店内に入ると、出迎えてくれたのは、オーナーのKさんとカウンター内で料理を担当するSさん。お店は、静岡の街中でのれんを守り続け、もう36年目をむかえました。

f:id:mesitsu_lc:20170208101634j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。