体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子会で行きたい♡高級レストラン「うかい」が手掛けるロティサリーチキンのお店に行ってきたよ♪

高級レストランを展開する「うかい」の新ブランド「Le Poulet Brasserie Ukai(ル・プーレ ブラッスリーうかい)」が2月23日(木)、大手町にオープン!

じっくり丁寧に焼き上げたロティサリーチキンが味わえるという同店に、早速行ってきました♡

鶏オブジェがかわいいオシャレな店内

東京メトロ大手町駅直結の大手町パークビルディング1階にオープンした「ル・プーレ ブラッスリーうかい」。

四季を感じる中庭と皇居の緑を望む解放感溢れるつくりが魅力です。

店名の「ル・プーレ」は「鶏」を意味するそうで、店内には鶏モチーフのオブジェがいっぱい♪

ガラスやブリキでできたこれらのオブジェはフランスから買い付けてきたそうで、どれも“味”があってとってもかわいいです♡

また、オープンキッチンではロティサリーチキンがくるくると回りながら焼かれる様子を見ることも可能。

店内に広がる香ばしい香りが食欲をそそります!

手頃な値段で本格ロティサリーチキンが♪

メニューはフレンチを中心としたラインナップ。

ディナーメニューは生ハムやテリーヌ、サラダ、キッシュ、スープなどいろいろありますが、今回は以下の3つをオーダーしました♪

▼フォアグラのテリーヌ ブリオッシュを添えて(2000円)

濃厚な味わいの脂身がクセになるおいしさ♡

バターの甘い風味が香るブリオッシュとの相性バツグンです。

▼ウフ・アン・ムレット ポーチドエッグの赤ワインソース(1600円)

「ウフ」とは「卵」を指すそうで、とろりと溶け出すポーチドエッグと濃厚な赤ワインソースがたまりません!

▼生ハムとビーツとフランボワーズのサラダ(2000円)

近年注目が高まってきているビーツを使ったサラダは、ピンクが鮮やか女子ウケ間違いなし♡

こだわりのお皿で提供されるお料理はどれもフォトジェニックで、シャッターを押す手が止まりません!

チキンは2種のソースで提供

そしてメインはなんといってもロティサリーチキン♪

1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。