ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お茶まで全自動!電気ケトル「The Breville One-Touch Tea Maker BTM800XL」が優秀そう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

t001電気ケトルを日々の生活で活用している人は多いと思うが、そんな電気ケトルでお茶まで全自動で作れたら楽なのに!と感じたことはないだろうか?

お湯を沸かし、そのまま自動的にお茶まで淹れることができたら忙しい朝など便利なはず。「The Breville One-Touch Tea Maker BTM800XL」はそんな便利を形にした万能ケトルだ。

・お湯もお茶もOK!用途にあわせて活用

「The Breville One-Touch Tea Maker BTM800XL」は、お茶モードとお湯モードをあわせ持った電気ケトル。お湯モードではお湯の温度を設定することができ、お茶モードでは、抽出時間を選択することが可能。

お湯もお茶もどちらの用途でも使うことができるので、日々の生活で幅広く役立てることができそうだ。

・お茶の種類に合わせた抽出機能も

t002バスケットを上下に動かして浸出の調整をする機能が備わっており、ボタン一つでお茶の抽出をコントロール。

紅茶や緑茶やウーロン茶など、それぞれの茶葉に合わせ、適切な温度のお湯と抽出時間をワンタッチで調節することができる。

実は奥が深い「お茶の淹れ方」だが、細かい時間配分など気にかけることなく、いつでも簡単に美味しいお茶を楽しむことができるのは嬉しいところ。

保温機能もついているので、いろいろな場面で活躍してくれそうな「The Breville One-Touch Tea Maker BTM800XL」。ケトルといえば、お湯を沸かすもの、というイメージが強いと思うが、その機能にさらにお茶を淹れる機能がプラスされていたら確かに便利なのは事実。

春の新生活に向けて、購入を検討したくなる一品だ。
The Breville

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。